RSS | ATOM | SEARCH
NHKスペシャルの酷さ

6月14日(土)

 

朝、11時起床。 頭がボッーとしている。 昨夜、ジョギングの後焼酎を飲んだが、そんなに飲み過ぎたわけでもないのに、意識が飛んでいる。

 

梅雨の長雨で、湧き水汲みもジョギングもできず、雨の中近くの精肉店に行った以外、一日中家の中でくつろぐ。 

 

昼飯はいつものサウンドウィッチ。 夕食は、自家製鯵の南蛮漬けと和牛の切り身落としを炒めレタスを添えて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で終える。

 

9時にNHKスペシャル、「混迷のアメリカ」。 白人警察官による黒人暴行殺害に抗議する、人種差別反対運動の広がりについて。 期待してみたが、全くのカス番組。 冒頭、先のNHKの差別動画の反省から始まったが全くダメ。 今全米50州にとどまらず、日本を含む世界42か国で人種差別に対する抗議行動が拡がっている意味と歴史的な意義を全く理解していない。 本当にNHKはどうかしている。

 

グリーンチャンネルで、明日の中央競馬、WIN5の検討。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 11:51
-, -, - -