RSS | ATOM | SEARCH
吉祥寺

6月14日(日)

 

朝、8時起床。 ヨーグルトと“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 元外務省の藪中氏も、経産省の官僚批判。 電通(竹中平蔵がいるパソナも)と組んで、コロナ禍の対策事業で公金(税金)を横領し、オリンピックの赤字を補填するえげつなさが次々に明らかにされている。 来週で国会閉会で、コロナ禍の補正予算10兆円の使い道は、やりたい放題。 

 

雨が降っており、今日も湧き水汲みは中止。 自家製の豪華なサウンドウィッチで、昼食。 コーヒーもうまい。 

 

中央競馬。 WIN5は、なんと初戦の阪神10Rで、一頭だけ買っていた福永祐一騎乗の馬が、直前に発走除外となり、参加できず払い戻し。 残り4レースは3勝1敗だったが、最終の東京11レースは、1着の9番人気馬も買っていたので、複雑な心境。(トータル1600円の少額投資だったが、いい読みをしていた) 900万円馬券も夢ではなくなった。 ワイドの的中率は高いものの、若干のマイナス収支で終了。

 

夕方、バスで吉祥寺。 ヨドバシカメラで、チェアーマッサージ器で試し揉みをし、少々高額な買い物。 最新の機器の揉み解しを体験。 三種類のマッサージ器で、それぞれ10分程度背中、肩、首などの揉み具合を比較検討し、一器買うことにする。 今ある半壊のマーサージ器を引き取ってもらい、なおかつ10%ディスカウントで話がまとまり、今月末に届けてもらうこととなった。

 

それにしても、吉祥寺の人の多さは噂以上で、新型コロナ禍以前とほとんど変わらない人込みで、商店も居酒屋も繁盛していた。 アトレ駅地下の京王マーケットで夕食の総菜を買い、総武線で三鷹に行き、バスに乗り8時に帰宅。 

 

いずれも3割引きだったマグロのトロとイカ刺し+酢豚で、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯の夕食。 安くてうまい、パルコとはだいぶ違う品揃え。

 

NHKで、韓国時代劇ドラマ「100日の郎君様」。 相変わらずコミカルな展開。 夜の遅いフジTVニュースで、渋谷で在日の外国人が中心の、人種差別(Black Lives Matter )抗議デモが、1000人を超える規模で行われたことを知る。 パソコンの機種が変わってから、反差別の抗議行動やカウンター情報が、キャッチしずらくなっている。

 

入念にストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 09:27
-, -, - -