RSS | ATOM | SEARCH
年金支給日

6月15日(月)

 

朝、8時起床。 ヨーグルトと“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 「エール」、朝の部を見るが、わけのわからんストーリーで、収録が再開されるまで休止したほうが良い。 

 

晴天に布団干し。 すでに30度超えの蒸し暑い9時過ぎに、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場の裏にある鮮魚店で、烏賊を三杯購入。 税込みで972円だったが、端数の2円は切り捨てと、意気な女将さん。 市場にはパンが一つもなく何も買わずに大汗をかいて帰宅。

 

小ぶりのおにぎり4個で、昼食を済ませ、気温33度、バスに乗り駅。 駅前にある三菱銀行に寄るも、超満員でATMで振替や送金・支払いを行うよう係の人に促される。 

 

圧倒的に年寄りが多く並んでいたが、多分今日が年金支給日だからだろうと思う。 そういえば、朝、10時開店前の、郵便局内のATMにも年寄りが‘7〜8人並んでいたが、これも年金を下ろしていたのだろう。 しかし、未だ給付金10万円×2が振り込まれていない、怒!

 

駅ビル内の神戸屋で食パンを買い、パルコフードマーケットで野菜と白ワイン+シークヮーサーを2本買って、気温34度の真夏日の中、バスに乗り帰宅。 汗を拭く間もなく、コンビニに行き、宅配注文品と、市民税と都民税の一括支払い。 大きな出費で、本当に特別給付金を早く振り込めと思う。 

 

ついでに、会員の酒屋で焼酎二本買い、陽を浴び体感気温37度で1Km歩き、へとへとで帰宅し、湧き水2杯がぶ飲み。 『週刊新潮』などを読んで、陽が陰った5時過ぎにジョギング4Km。 二日休んでいたので、足取りも軽快で息も上がらず。 柔軟体操をして風呂に入り、足をマッサージ。 乾いた喉をシークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで潤し、極楽。

 

新鮮なイカ刺しと餃子を焼いて、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 自家製冷やし中華で、夕食を締める。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」、特別編。 小野文恵アナが最後に一押しした、沖縄の読谷村での印象的なシーンと、歌“涙そうそう”。 なかなかの構成。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 新型コロナ感染者が東京で48人。 政府はきちっと検査したからと居直り、専門医は新宿の“あやしい”ホストクラブが感染源と偏見を強調。 エイズ問題の時のゲイ差別と同じ雰囲気。 ローランド、今こそ怒れ!

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 アメリカでさらなる、警察官による黒人射殺事件。 イージスアショア配備停止を防衛大臣・グロテスク河野が発表。 つまりはトランプの秋再選はなく、終わったということを、トランプのポチ・安倍晋三が密かに認識したということ。 それなら、7兆円近いF35戦闘機の爆買いも早急にやめ、コロナ禍対策費用に回せ。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 10:03
-, -, - -