RSS | ATOM | SEARCH
フジTV「とくダネ!」の人種差別番組

6月18日(木)

 

朝、9時起床。 エアコン調整に失敗し、夜中3時に暑くて目が覚め、睡眠不足気味。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。

 

フジTVの、「とくダネ!」が人種差別問題を取り上げていたので見る。 取り上げる積極性は評価するが、内容が全くダメで、逆に差別的偏見を煽り、容認することにつながりかねない程度の悪い番組。 

 

特にMCのカツラ男・小倉の「アフリカの黒人は運動能力が高い」発言を繰り返し、それは差別ではないということに対し、一切反論がなかったことは、差別的な番組として糾弾の対象といってよい。

 

黒人に対するステレオタイプなレッテル貼り(その内容が好意的なものであっても)の典型である「黒人は運動能力が高い」を堂々と朝から放送するとは、フジテレビの差別問題認識が問われている。

 

10時に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 団地内にある都知事選のポスター掲示板に、すでに宇都宮健児候補のポスターが貼ってあったが、なんとその隣に、差別・排外主義者の桜井誠のポスターがあり、気分を著しく害す。 フジTVといい、朝から気分が悪い。

 

市場で食パン1斤ゲットし、裏の鮮魚店でイワシと鯵の刺身を購入。 野川縁を散歩しながら帰るも、久しぶりの4ℓボトル2本が重く、大汗をかく。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は一面トップで、自民党の河井議員夫妻が今日逮捕との大見出し。 国会閉会を待ってのことではあるが、やっと逮捕かという感じ。 

 

自家製のサンドウィッチを、淹れたてコーヒーで昼食。 「エール」昼の部。 柴咲コウ演じるオペラ歌手・双浦環の、パリ時代のスピンオフだが、なかなかいい。

 

午睡1時間。 ウェブ連載「差別表現」の原稿書き。 題は、「アメリカの人種差別反対抗議運動の歴史的意義」について。 5時半まで書き進めて、本日打ち止め。 

 

いつもの野川縁のコースを、ジョギング4Km。 大汗を風呂で流し、足を揉み、湯上りのシークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、心身の怒りと疲れを癒す。 NHKテレビを付けると、安倍首相の国会閉会に伴う記者会見中継。 また怒りが湧いてくる。

 

イワシと鯵の刺身をつまみに、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 自家製富士宮焼きそばで、夕食を締める。 

 

NHK、ニュース7。 政治部記者の安倍会見ヨイショ解説など、あまりの内容の酷さに上原光紀アナはほとんど画面に映らず。 NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なし。 TBS、ニュース23。 NHKや日テレよりはましといった程度で、安倍政権追及が甘い。 河井議員夫妻逮捕を解説する、ゲストの元検事に“忖度”を感じる。 

 

ストレッチを入念にして、12時過ぎに就寝。 ここ数日、寝る前に脈拍を計っているが、おおむね1分間60〜63で推移し、安定している。 熟睡の条件。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:32
-, -, - -