RSS | ATOM | SEARCH
トランプ大統領と安倍首相の末路

6月22日(月)

 

朝、なんと10時に起床。 窓半開きで涼しく、トイレにも起きず、8時間の睡眠。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 それにしても、10時に目が覚めるまで、夢も見ずに本当に久しぶりの熟睡。 いきなり注文電話で、歯を磨く暇もなし。

 

昨夜から降り続いている、雨が霧雨になったので、雨合羽をかぶり産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本敢行。 市場で食パン一斤ゲット。 市場にお客は3人で、いつもは午前中に売り切れるパン類もほとんど残っていた。 

 

小雨に煙るだれもいない野川縁を歩き、帰宅。 酵母パンを焼いてマーマレードを塗り、目玉焼きを添えて、淹れたてコーヒーで、ランチ。 「エール」、昼の部。 やっと通常番組に戻り、ストーリー展開に期待が持て、視聴率もアップすること間違ない。

 

ウェブ連載「差別表現」の原稿に最後の手を入れてアップ。 テーマは、「『Black Lives Matter』 黒人の命を軽く見るな」。

 

書きたかったことは、今回の人種(黒人)差別抗議運動が今までの反差別運動を、深化・拡大・飛躍させているという点。 それも全世界的に、世代と「人種」と社会層を越えて展開されているところに、この運動の画期性がある。 日本では、ヘイトスピーチを許さないカウンター行動が、それを代表している。

 

夕方、雨が止んだころ合いを見計らって、ジョギング3Km。 あまりの寒さに、風邪を引きそうで走行距離を短縮して、風呂に入り身体を温める。 氷なしのシークヮーサー入り焼酎の炭酸割りで、のどを潤し、和牛の切り身を焼いて千切りキャベツを添え、卵豆腐をつまむ。 昨日の“父の日”の贈り物の中から、鯛の干物を焼いて、メインディッシュ。 なかなか美味!

 

NHKで、「ファミリーヒストリー」。 ゲストは柳葉敏郎。 今まで見た中で五指に入る番組。 終盤の60年間知らされてなかった、腹違いの姉の存在が明らかになるシーンは、圧巻。 見逃した人はぜひ見てほしいと思う。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 前大統領補佐官・ボルトンによる、トランプの暴露本。 トランプ大統領にとって、決定的かつ致命的な内容だが、ボルトンそのものがトランプ政権下、最悪の極右・ネオコンだったこと思い出すべき。 日本でいえば、安倍政権を支えている極右組織“日本会議”から見放されたことを意味している。 そういえば、先日の国会閉会記者会見で、やたら憲法改正を叫んでいたのは、電通・パソナと組んで官邸を牛耳る通産官僚に対しする、極右団体“日本会議”を意識してのことで、すでに末期的症状を呈している。 「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」(ジョン・アクトン)。 

 

テレ朝、報道ステーション。 語るべき言葉なし。 BSプレミアムで、「エール」夜の部〜TBSで、ニュース23。 土曜日夕方のの「報道特集」〜日曜日朝の「サンデーモーニング」の流れをきっと受け継いだ報道内容。 

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 09:51
-, -, - -