RSS | ATOM | SEARCH
深化する人種差別抗議運動

6月30日(火)

 

朝、8時半起床。 明け方トイレに起き、睡眠不足気味。 豆乳と“えごま油”入り有機人参ジュース一杯。 

 

早め10時前に、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×1本。 市場裏の鮮魚店で、生シラスと鯵の刺身+スルメ烏賊二杯。 市場でトマトと大根を買って、野川縁を歩いて帰宅。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞に、「病と差別」の特集や、「化粧品の『美白』表現」、差別投稿を放置するフェイスブックに広告を停止する、スターバックやコカ・コーラ、そして目立たないが“声”欄の「アヒルの子 黒いままだったら?」の投書。 

 

すべてアメリカの黒人・人種差別抗議運動に触発され、今まで気づかなかった差別に対する取り組み。 トランプや安倍を生み出した差別・排外主義に対する、根源的なカウンター運動が全世界的な規模で展開され質的に深化している。 このことについては、ウェブ連載「差別表現」で詳しく書きたいと思う。

 

毎日食べても飽きない、自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで昼食。 大雨で外壁工事もなく、5時まで読書。 途中、直注文段ボール一箱梱包して、小汗をかく。 コロナ禍で厳しい折、直注文は本当にありがたい。 

 

夕方、雨が止んだ間隙を縫って、会員の酒屋に行く。 消費増税に対する減税処置の、カード決済の5%割引が、今日で終了する。 酒屋の息子さんも、延長があると思っていただけに残念そう。

 

シャワーを浴びて、生シラスとイカ刺しをつまみに、冷えた日本酒一杯。 シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割りで、冷やしうどんを食し、夕食を締める。 

 

BS・日テレで、巨人対DeNA戦。 6回逆転し、丸のファインプレー後のホームランと、岡本の連続ホームランで巨人の勝利。 明日のスポーツ報知の一面は決まった。

 

チェアーマッサージ、30分。 テレ朝報道ステーション〜TBS、ニュース23。 小川彩佳アナが7月3日で産休に入る。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 09:25
-, -, - -