RSS | ATOM | SEARCH
東京ドーム・巨人対DeNA戦

7月28日(火)

 

朝、9時起床。 エアコンのおかげで、熟睡。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース一杯。 湧き水汲みと思うも、小雨が降っているので、諦める。 あまりにも長い梅雨にあきれる。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞が、”憲法を考える“特集で、「ヘイト規制 表現の自由と両立は」との題で、川崎市のヘイトスピーチ規制条例施行を踏まえ論を展開しているが、イマイチ。 終わりの方で師岡康子さんなどの意見を載せてはいるが、基本は表現の自由に傾いている。 ヘイトスピーチは差別的憎悪煽動であり、議論の前提として表現問題ではない。 朝日新聞はヘイトスピーチを「憎悪表現」と捉えているところに、そもそも問題がある。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 再放送の「エール」再々放送。 酒屋に寄って焼酎二本購入。 今日の東京ドームでの野球観専用のドリンク作り。 

 

3時過ぎにバスに乗り、駅。 銀行に寄って、区間快速で神保町。 駿河台下のスポーツ用品店で、20数年ぶりにランニングシューズを買う。 結構高いが昔と比べ、女性用、男性用などバラエティーに富んでいる。 

 

10分歩き、5時半に東京ドームで孫娘と待ち合わせして、コンビニで買い物。 入場する前に、新型コロナ感染対策で連絡先を書き込んだカードを提出。 巨人応援シャツをもらう。 

 

6時に巨人対DeNA戦プレイボール。 先発菅野が球数は多かったが、好投し5連勝。 5000人限定の有観客試合で、ミットに収まるボールの音、球を打つバットの音に臨場感がある。 坂本、岡本と打つべき役者がホームランで、いい試合だった。 球場内ではアルコールの販売なく、一人シークヮーサー入り焼酎の氷炭酸割りで、優越感を味あう。 

 

試合後、孫娘にせかされドーム隣接の野球グッズ店で買い物をして、地下鉄後楽園駅でお別れ。 地下鉄に乗ると、なぜかそのまま、直行で白金台駅。 

 

20年近く住んだプラチナ通りを下り、なじみのショットバー"カフェカルヴァ”。 常連の、博報堂を定年退職したIさんと、しばし談笑。 相変わらず歳と色気を感じさせないママも元気。

 

勢いついて、"モレスク”〜”甚六”など、昔の縄張りをはしごして、シェフとオーナーと楽しい会話。 5年前までの、毎夜の風景。

 

多分3時過ぎには帰宅して、寝たと思う。 以後記憶なし!

author:小林 健治, category:スポーツ, 14:33
-, -, - -