RSS | ATOM | SEARCH
大相撲、照ノ富士優勝

8月2日(日)

 

朝、8時起床。 6時間半熟睡で、体調回復。 豆乳と”えごま油“入り有機トマトジュース一杯。 晴天に寝具干し。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 新型コロナ感染拡大に、だんまりを決め込む、安倍政権。 ゲストコメンテーターの青木理さんが、安倍首相に、辞められたどうか、と思い切った発言。 日曜日のこの番組を見ることによって、爆発しそうな政治的怒りのマグマが、抑えられる。

 

陽が陰った頃合いを見計らって、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×、今日は2本。 市場で買い物をせず、野川縁を散歩。 幼子を連れた家族が十数組、バーベキューやシートを敷いて、ピクニックしながら川遊び。 梅雨明けを待っていたかのように、蝉の鳴き声も姦しい。

 

新聞三紙を読む。 なんとサンスポは、巨人の若き4番・岡本の満塁ホームランが一面トップ。 一方スポーツ報知の一面は、新型コロナ感染が明らかになり、試合が中止となった西武とソフトバンクのこと。 一瞬見間違えたのかと思う。

 

自家製サンドウィッチを淹れたてコーヒーで、昼食。 一息入れて、中央競馬。 WIN5はまたしても時間切れで購入できず。 買っていれば3勝2敗。 札幌のメインレースと新潟の最終12レースのワイドを厚めに的中させ、そこそこのプラス収支で終了。 新潟の最終レースは、大外15番・8歳の古馬で勝負に出て正解だった。

 

サン・ドラックで、生活必需品の買い物をして、大相撲千秋楽。 苦労人・照ノ富士が、横綱相撲で御嶽海を寄り切り、5年ぶりの復活優勝を、幕尻で決める。 排外主義で凋落しつつある、角界を救うモンゴル出身力士。

 

風呂に入り、和牛を焼き千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り焼酎の水割り一杯。 自家製ポークカレーで、夕食を締める。 窓外に、明日か明後日、満月になる、少し赤身が掛かった月が、ぽっかり浮かんでいる。 味わいのある風景。 

 

9時からNHKスペシャル、「沖縄戦最後の1か月―沖縄”出口なき“戦場」。 NHKのニュース番組は酷いが、Nスぺは本当にいい番組を作っている。 米軍に投降して生き永らえた、司令部の元軍人に違和感を持つが、それも番組制作者の意図だと思う。

 

〜サンデースポーツが、ゲストにリモート出演で照ノ富士を迎え、今場所優勝までの苦難の道のりを語る。 巨人が広島にボロ負けしたことを知る。

 

MHK、韓国宮廷ドラマ、”100日の郎君様“。 展開もよく、なかなか面白い。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 11:09
-, -, - -