RSS | ATOM | SEARCH
佐藤優の短期集中ゼミ初日
午後出社。実務作業をこなした後、18時半から佐藤優さんのゼミ。テーマは「近代における神の場の転換」。基本文献は『月刊プレイボーイ』に連載している「役に立つ神学」と聖書。
講義の中心は“使徒信条”、“ニカイヤ信条”、“ニカイヤ・コンスタンチノポリス信条”、“カルケドン信条”。
父と子と聖霊→“フィリオクエ”についての解説。
近代的なるものとは何よりもヨーロッパ的なるもののことであり、それは一言にすればキリスト教なるものである。
最後にグルジア問題=コーカサス地域についての興味深い解説。

21時半に終了して、その後、応接室で『月刊プレイボーイ』の編集者などゼミ生達とビールを飲みながら雑談というか、内容の濃い話にもりあがる。
なんと、午前2時まで続く。
3時過ぎに帰宅し、即寝。
author:小林 健治, category:神学, 23:59
-, -, - -