RSS | ATOM | SEARCH
堀田善衛 『時間』 (岩波現代文庫)

6月17日(日)

 

朝、8時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 朝のジュースは、野菜ジュースに限る。 リンゴなど果物ジュースは甘すぎていただけない。 咳もかなり治まる。

 

TBS、サンデーモーニング。 本質を衝いた安倍政治批判をいくらしても、暖簾に腕押し状態で、徒労感の襲われる。  産地直産市場前の湧き水汲み4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜を買い込んで、川縁を散歩。 鵜が元気で、大型鯉も数匹遊泳。 

 

父の日の贈り物として、息子夫婦にもらった中華めんで、厚焼き玉子と焼き豚入り、自家製冷やし中華で、昼食。 

 

昨日読むつもりだった、堀田善衛著、『時間』(岩波現代文庫)を読み終える。 辺見庸さんの『1937(イクミナ)』(週刊金曜日版)を読んで衝撃を受け、そこで『時間』のことを知り読みたいと思っていた、小説。 辺見庸さんの秀逸の“解説”が巻末に付いている。

 

1937年、旧日本軍による南京大虐殺を、その当時、国民党政権の海軍部に勤めていた、中国人の主人公・陳英諦に仮託し、日記の形式で冷静かつ冷徹に描いている。 1937年11月30日から始まる日記は、「十二月三日 南京は完全に包囲されている」。そして三週間にわたる「殺、掠、姦、火」、が、日本軍によって行われた。 

 

登場人物は、産月を迎えている妻と5歳の子、そして姪などで、惨劇も、統計的にではなく、一人一人の生身の人間の死を通して、その非人間性を描いてゆく。 

 

今、この南京大虐殺はなかったという言説が、ヘイトスピーチを繰り返すネトウヨや、安倍政権を支持する右翼などから執拗に叫ばれているが、そのような「自虐史観」批判の名のもとの、歴史修正主義と反知性主義が跳梁跋扈している現下の危険な政治状況を糺す強烈な書でもある。 

 

ただ、「気狂い」「奴隷(ニグロ)」「チンバ」「白痴」などの差別語について、注釈がないのが少し気にかかる。

 

中央競馬。 WIN5は3勝2敗。 三場のメインレースを全て外し、いいとこなしで終了。 BS・朝日で巨人vsロッテ戦。 9回裏逆転負けの体たらく。 

 

気分転換に、ゆっくり風呂に浸かり、6時半に夕食。 隣の精肉店で仕入れた揚げたてのローストンカツとメンチカツ、コロッケ+カボチャを煮て、薄目の柚子入り焼酎の水割り二杯の夕食。

 

NHK大河ドラマ、「西郷どん」。 寺田屋事件。 封建領主(国父)島津久光に対する服従から、近代的国家(天皇制)の国民(臣民)への移行期の社会と人間関係の葛藤。 

 

NHK、サンデースポーツ。 フジ、Mrサンデーはサッカー中継で休止。 『週刊新潮』を読んで、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:34
-, -, - -
孫と戯れ至福の時

6月16日(土)

 

朝、8時起床。 咳もなく涼しさもあり、それなりに睡眠がとれる。有機リンゴジュースと青汁二袋。 「半分、青い。」、 朝の部。 

 

雨が降る前に、冬用のジャージに着替えて、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンなどを買うつもりが、無い! 

 

店長に尋ねると生産者に連絡してくれたが、不通。 薩摩揚の袋詰めもなく、大豆醤油だけ買って、川縁を散歩するも、肌寒い。 マガモ数匹のみで、魚影も見えず。

 

帰ると、宅急便が来て、開けると福島の冷やし中華とラーメンの高級セット。 父の日の贈りものだった。 隣の精肉店で焼き豚を仕入れ、早速冷やし中華で、昼食。 旨い! もうコンビニの冷やし中華は食せない。

 

新聞三紙を読み、競馬の検討をしていると長男から電話。 孫を連れてくるとのこと。 父の日の送り主も長男夫婦からと判明。 ハイハイする孫のために、慌てて大掃除、1時間。 マットの上は粘着テープのローリングで徹底的に微細なホコリまで除去。

 

3時に、孫を連れて長男夫婦がやってくる。 孫とはゴールデンウィーク以来だが、身体が引き締まって可愛さが増していた。 ハイハイのスピードも速く、伝い歩きも達者で、3時間至福の時を過ごす。

 

6時過ぎに、孫と長男夫婦を駐車場まで見送り、お盆の再会を約し、孫の手を握り笑顔をもらい、別れを惜しむ。 

 

7時に夕食。 長男が買ってくれた、隣の精肉店の最高級の牛肉のロースに千切りキャベツを添えて、柚子入り焼酎の水割り二杯。 父の日、前日の贈りものに感謝!

 

タケシのニュースキャスター〜スポーツニュース。 明日のWIN5の検討をして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:休日, 09:00
-, -, - -
アレルギー喘息の逆襲

6月15日(金)

 

朝、4時半に咳込んで起きる。 咳止まらず! 民放は早朝からニュースを放送しているが、アナウンサーもキャスターも大変そう。  6時半に再び寝て、9時起床。 

 

寝る前は何ともなかったが、寝ていると咳込む。 有機リンゴジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、小雨ぱらつく中、来たバスに飛び乗り、駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。

 

小児用ジキニンを一本飲み、12時に歯医者。 なんとか咳が出ずに、奥歯に被せものをして、治療を終える。 次回から欠けた歯の治療に移る。 

 

新聞三紙を読む。 コミック「ワンピース」、横井庄一さんを想起させる不適切表現で謝罪の記事。 さらにW杯が始まった、開催国ロシアの大物女性議員(70歳)の人種差別発言が大きく取り上げられている。 いずれもスポーツ報知で、朝日新聞は一行も報道していない。 

 

「半分、青い。」、昼の部。 歯の治療を終えて1時間経ったので、2時にさつま揚げ入り自家製野菜サラダで、遅い昼食。  寝不足(3時間ぐらいしか寝ていない)だが、新刊の原稿読みを少し行い、1章を終えたところで、意識が集中しないので止めることにする。

 

鼻水とくしゃみは完全に止まっているが、夕方また咳が出はじめる。 机上の整理と業界紙などを読んで、6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

BS・TBSで、巨人vsロッテ戦。 巨人・菅野、ロッテ・涌井のエース対決。 菅野が9奪三振、四死球0の完封勝利で、7勝目。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 コメントすべき内容なし。 TBSで、鶴瓶の「Aスタジオ」。 ゲストは木南晴夏。

 

テレ朝で、岡山県人“テレビ千鳥”の「超特番!!」を見る。 ゲストの狩野と又吉は、千鳥の面白さが生きないのでいらない。 

 

民放各社の、遅いニュース&スポーツを見て、1時に就寝。 

author:小林 健治, category:健康, 09:00
-, -, - -
新刊、最終原稿読み開始

6月14日(木)

 

朝、9時半起床。 明け方咳で起こされ、寝不足気味。 有機リンゴジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度だが心地よい、薄曇りの下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

咳は出るが、カラ咳ではないので、苦しくはない。 鼻水とくしゃみは一回もなしで、克服。 しかし、咳のせいで、腰と横隔膜と背中の筋肉が固まっていて、チェアーマッサージでは、何ともならない。

 

7月末刊行予定の、新刊本の著者校正を終えた原稿読み。 これを読み終えて、印刷所に入稿することになる。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、超久しぶりにコンビニの、冷やし中華の大盛りで、昼食。 満足度60%とというところ。

 

新聞三紙を読む。 今日の深夜サッカーワールドカップがロシアで開催されるというが、全く盛り上がっていない。 開催国がロシアだからと、何にか意図的なものを感じないこともないが、監督交代などごたごたも響いていると思う。 

 

午睡30分。 原稿を読み進めているが、校閲的個所で時間をとられ、一向に進まず。 1871年(明治4年)「賤民廃止令」の、太政官布告が出されたが、同時に、穢多頭・弾座衛門配下の「雑種賤民」に適用されている。 その中に相撲取りが含まれており、名は「角觗者」と書かれている。 多分「カクシシャ」だろうと思うが、読み方が分からない。 

 

7時まで読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 BS・日テレで、7回から巨人vsソフトバンク戦。 

 

昨日の負け方が今日に生き、6対4で勝ち、ルーキー・鍬原がうれしい初勝利。 お立ち台で、ウィニングボールは母親に送るという。 母子家庭であるなしに関わらず、父親は劇的かつ感動場面では、あまり登場しない。 確かに、初勝利のボールを父親に送りたいと聞けば、感動が今一つ薄れる。

 

ヒラメの刺身とハンバーグを焼き千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 闇サイトで知り合った輩が犯した、看護師の女性殺害事件の詳報。 まだ理解不能。

 

NHKで、サッカーワールドカップ、ロシア大会開会式を見ながら、チェアーマッサージで、背中と肩を解す。 Eテレで、“バリバラ”、「低身長の世界」を見て笑い、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:24
-, -, - -
アレルギー30年戦争、最終局面

6月13日(水)

 

朝、9時起床。 咳は少なく、そこその睡眠がとれる。 喉と気管に違和感があるも、気合を入れて痰を吐き出し改善。 

 

有機リンゴジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。 電車の中でも異常なし。

 

税理士さんからのメールを読み、 銀行に行って大枚を下ろし、郵便局で市民税と都民税の支払い。 国民の義務とはいえ、納税はキツイ。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 「半分、青い。」のヒロイン鈴愛の、漫画事務所の同僚を演じている、裕子役の清野菜名は、昨年上映された、リリー・フランキー主演の、「パーフェクト・レボリューション」(東北新社制作)で、その演技力に注目していた俳優。 演技の旨さは折り紙付き。 ドラマの盛り上りを脇で支えている。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は、全紙面の5割近くを朝米首脳会談に割いている。 午睡30分。 神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、先週の反省。 単勝異常オッズ馬の話で盛り上がる。 詳細を書けないのは残念だが、必勝馬券を“発見”したのはKさん。 この必勝法は、朝8時過ぎに前日発売の単勝オッズ(人気順)をプリントアウトする作業から始まる。 Kさん、WIN5またしても4勝1敗。 これで3カ月近く惜敗続き。

 

くしゃみと鼻水は止まり、咳も小康状態で、 龍角散と浅田飴だけで、アレルギーとの30年戦争も終焉の時を迎えそう。 資料を読み込んで、本日打ち止め。 

 

6時過ぎに事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードセンターで買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。 BS・TBSで、巨人vsソフトバンク戦。 接戦だったが、明日に繋がる敗戦。

 

ヒラメとイカの刺身+餃子と牛肉とねぎの炒め物で、薄目の柚子入り焼酎の水割り二杯の夕食。

 

テレ朝、報道ステーション。 朝米首脳会談。 北朝鮮の非核化にかかる費用は、日本と韓国が負担するとになると、トランプ大統領。

 

チェアーマッサージを受けながら、民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:健康, 09:56
-, -, - -