RSS | ATOM | SEARCH
政治的危機と新型コロナ騒動

3月25日(水)

 

朝、9時起床。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二袋。 シャワーを浴びて、気温11度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時過ぎに神保町。 車窓から眺める冠雪富士が美しい!

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 朝日新聞とスポーツ報知の一面は、東京五輪開催1年延期だが、サンスポは、志村けんが新型コロナに感染したとの記事を一面で大きく取り上げている。 

 

データー移動した新しいパソコンから漏れた、爐気に入り”の復活作業とパスワードが必要な相手などへの再入力作業に時間を取られる。 

 

書評を一つ書いて、5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温12度、バスに乗り6時半に帰宅。 バス出発前、警官が乗り込んできた。 危険があるとの通報があったとのことだが、何か変。 

 

筋トレワンセット。 ホタルイカのボイルとヤリイカの刺身+すき焼きをつまみに、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 

 

NHKニュース7。 東京五輪1年延期について、岩田明子記者が出てきて、安倍ヨイショ解説全開。 中止ではなく1年の延期に持ち込んだのは全て安倍首相のおかげと力説。 聴いていて飯が不味くなる。

 

さらに、8時過ぎに東京都知事・小池百合子の緊急記者会見。 不要不急の外出を控えるよう都民に要請。 準都市閉鎖(ロックダウン)。 政治的危機にある安倍政権と7月の都知事選を前にした小池都知事の思惑が一致したコラボ政治宣伝。 全ては自己の政治的影響力(支持率)を維持するためのパフォーマンス。 危機を煽れば煽るほど、人々は保守的・現状維持的傾向を強める。

 

チェアーマッサージを受け、身体を解す。 テレ朝、報道ステーション。 NHKよりましと言った程度。 BSプレミアムで、「スカーレット」夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 08:44
-, -, - -
新型コロナ騒動とカタカナ言葉

3月24日(火)

 

朝、8時半起床。 トイレにも起きず、7時間熟睡。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二袋。 気温9度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

東京五輪の延期で、テレビも新聞も喧しい。 なぜか安倍首相が先頭に立って、IOCと折衝したり、今夏の選手派遣を取りやめを発表したカナダのトルドー首相と電話会談をしたり、目立っているが、その心は、新型コロナ対策の失敗、そして、自死した近畿財務局の妻からの追及や検事総長人事への介入問題から、世間の目を逸らすパフォーマンスでしかない。 

 

その新型コロナ感染拡大報道で、「オーバーシュート」→「爆発的感染」、「クラスター」→「集団感染」、「アウトブレーク」→「突発的発生」、「ロックダウン」→「都市封鎖」など、耳慣れないカタカナ言葉が氾濫しているが、「意味の骨抜き」(辻田真佐寛)を諮っているのではないかと疑いたくなる。 理解できるカタカナ言葉は、「パンデミック」ぐらい。

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 新聞三紙を読む。 オリンピック延期はほぼ確定したが、先が見えていない。 プロ野球も4月24日に開幕を目指すということだが、4月17日の巨人vs広島戦はなくなったということで、ガックリ。

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 下』の予習。 ギリシャ世界の項を終えて、第三部「ローマ世界」に入る。 国家と個人が一体化しているローマでは、「知性が不自由で精神も心情も欠いていたものであるがゆえに、実定法がそこで生まれ」た。 道徳や習慣、心情と「法がきっぱりと切り離され心や情感を消し去った外面的な法原理が」作られ、今日の近代法の基となった。

 

7時にゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 持ち寄った酒とつまみで、新型コロナ感染拡大問題と徹底的な安倍政権批判。 

 

11時過ぎにお開きにして、直行電車で駅。 気温4度、タクシーワンメーターで、12時半に帰宅。 ストレッチをし、トイレのタイミングを計って、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:ジャーナリズム, 09:28
-, -, - -
三連休明け

3月23日(月)

 

朝、8時起床。 「スカーレット」、朝の部。 夜中にトイレに二度起き睡眠不足気味。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二袋。 

 

歩いて駅、と思うも小雨ぱらつき、気温10度、10分遅れのバスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、10時過ぎに神保町。

 

有り難い直注文段ボール一箱梱包して発送し、身体が温まる。 朱入れした原稿に目を通して、12時過ぎに近所の出版社に持参。 

 

「スカーレット」、昼の部を見ながら、鶏胸肉の唐揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 リコーの担当者が来て事務的な打ち合わせ。 

 

宮城まり子さんが亡くなった。 NHKの昼のニュースは、「俳優」と表現していた。(夜のテレ朝、報道ステーションは「女優」) 別の事柄だが、そのあとの昼の番組では、キーパーソンではなく「キーマン」と表現。 本当にポリティカル・コレクトネスが混乱している。

 

今日の朝日新聞が、なぜか「士農工商」について大きくカラーの図入り解説記事。 支配階級の武士の下、「士農工商〜穢多・非人」から「武士〜平人〜賤民」と、江戸時代の身分階層を表記するようになったのは、20年ぐらい前かと思う。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 先週来なかったので、新型コロナに感染したのかと心配していたが無事で何より。 昨日のWIN5を、またしても4勝1敗で逃したという。 しかも最終レースで買っていた馬が2着3着。 1着に来ていれば、300万〜500万円の配当になったと、悔しそうだったが、不的中狢兩“ができている感じがした。 新型コロナウイルス感染問題で長話。

 

注文電話と返品依頼のファックスが同じぐらいで、ガックリ。 5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 バスに乗り、気温11度、6時過ぎに帰宅。 筋トレワンセット。 

 

里芋とイカの煮物、鯵の南蛮漬けで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 きつね讃岐うどんの小鉢で夕食を締める。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 ゲストは篠原涼子の歳の離れた旦那・市村正親で、訪問先は、なんと岡山県美作市。 何度も行ったことがあるが、県北の文化の香りがあるいい街。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 さすがのNHKも、自殺した近畿財務局職員妻の怒りを無視できず。 しかし、参議院委員会での安倍首相の動揺が酷かったが映像はない。

 

東京五輪の延期は既成事実だが、あくまで中止は避けたいための譲歩的対応。 TBSのニュース23で、星浩が4年延期もあると発言。 つまり中止ということ。 森友問題について、予算委員会の質問映像をしっかり報道し、告訴している妻の怒りを代弁。

 

BSで「スカーレット」、夜の部。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:51
-, -, - -
野川は春爛漫

3月22日(日)

 

朝、8時起床。 寝室の窓を少し開けて寝たものの、冬布団では暑すぎ汗をかく。 晴天に布団干し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二袋。 

 

TBSで、サンデーモーニング。 新型コロナウイルス感染拡大問題を、時間を費やして解説。 今朝の「スポーツ報知」で、森永卓郎氏も書いていたが、日本の新型コロナウイルスによる死亡率は中国・武漢の3倍以上だという。 それは、日本の「感染者数が過小推計されている」ことによる。 森永氏は、「ランダム調査で市中感染率把握」を強く主張しているが、全く無視する政府の専門家会議を強烈に批判している。 数字のごまかしと隠ぺい改竄は、安倍政権の常套手段。 後半では、相模原障害者殺傷事件の一審判決を受けての、問題点の指摘。

 

多分25度近い、春爛漫の陽気の中、三日連続で湧き水汲み+花見。 市場で里芋を買う。 野川縁の左岸は、ずらり花見客で大混雑。 一昨日二分咲きが、昨日は五分咲きで、今日は八分咲きのほぼ満開。 右岸は桜の木が少ないので敷地に余裕があるが、花見客が続々押し寄せていた。 さすがに大型鯉もマガモも姿が見えない。 子どもたちは水位が落ちた川に入り、小鮒と水遊びで、いい風景。

 

酵母パンを焼いて、マーマレードを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 一息入れて、中央競馬。 WIN5は3勝2敗だったが、全て6番人気以内で決まったにもかかわらず、金曜日と同じく4千6百万円近い超高配当に驚く。 ワイド馬券は昨日とは一転、軸馬の歯車がかみ合わず歯軋り。 中山最終12Rでは軸馬を絞れず2頭からワイド総流しで、一矢報いたがマイナス収支で終了。 

 

送られてきていた修正原稿をプリントアウトし、校正作業に没頭。 明日の午後に再び朱入れ原稿を届ける予定。 風呂に入り疲れを癒す。 

 

イカと里芋の煮物と鶏胸肉のから揚げで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 チェアーマッサージを受け、転寝30分。 

 

テレ朝は、「ポツンと一軒家」ではなく、新型コロナウイルス感染番組だが、しょうもない内容。  NHKで、期待している海外ドラマ、「レ・ミゼラブル」。 あまりにも展開が速く、ヴィクトル・ユーゴーの原作を読んでないと、ついて行けない。  

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 08:42
-, -, - -
野川の桜、五分咲き

3月21日(土)

 

朝、8時起床。 来週が最終週の、「スカーレット」、朝の部。 晴天に布団干し。 豆乳と爐┐瓦淕“入り有機人参ジュース二袋。

 

少し本を読んで、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜、側の精肉店で、鶏の胸肉、豚ロース、和牛の切り落としなどを購入。 

 

驚いたことに野川縁の桜が、昨日の二分咲きから五分咲きになっていた。 川の両岸は天気にも恵まれ、若い子供れの親子グループが大勢花見をしていて賑やか。 野川には、新型コロナウィルスによる影響はない。 明日日曜日は絶好の花見日和。

 

熱々の、きつね讃岐うどんで、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ紙もオリンピックの延期、ないし中止が現実味を帯びていることを紙面化している。 日本だけの感染者数のごまかしや、勝手なわがままは通用しない。 日本では新型コロナウィルスはコントロールされているとほざいても、世界は騙されない。

 

中央競馬。 ワイド馬券の的中率は高く、昨日のマイナスを取り戻すも、再び軸馬選定に失敗し、トントンで終わる。 

 

TBSで、報道特集。 相模原障害者殺傷事件の植松被告に、キャスターの金平氏が横浜拘置所で面会したことの内容を中心に、時間を取って、その犯罪性(ヘイトクライム)を追究。 

 

植松被告が、安倍晋三とトランプを尊敬し信頼していること、事件の背景を解明すにはあまりにも審理時間が少ないこと、植松は異常者ではなく正義を実現したと信じていること、そして植松と同じ、狎源裟”で人の価値をはかり、猴ダ源彖”を持つ人間が社会に広く存在していることなどを強調。 

 

春菊の胡麻和えと鯵の南蛮漬けで、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り二杯。 ホタルイカ入りスパゲッティ―で夕食を締める。 

 

チェアーマッサージを受け、転寝30分。 有吉のバラエティー番組を見ながら、明日の中央競馬、WIN5の検討。 BSで、「スカーレット」夜の部。 引き続き、明日の競馬の検討。

 

ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:社会, 08:27
-, -, - -