RSS | ATOM | SEARCH
生後8か月の孫と至福の時

4月15日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 TBS、サンデー・モーニング。 

 

政治的話題については、ハッキリいつて、もう一つ。 張本氏の激辛スポーツ、「喝」評価を見て、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。市場で、新鮮野菜とリンゴとトマトの有機ジュースを買う。 

 

お笑い女性タレントなどが3人来て、市場前でテレビ番組の撮影をしていたので、しばし見学。 3人とも、名前は思い浮かばないが顔は知っていた。 

 

酵母パンと、淹れたてコーヒーで、昼食。 息子夫婦が孫を連れて、3時に来るという。  気もそぞろで、孫を迎える。 生まれて8カ月の孫の成長に、思いっきり感動し、気分が落ち着く。 どう見ても、岡山の吉備人的可愛い微笑みに、完全武装鵜解除!

 

5時まで、孫と戯れ、至福の時。 息子夫婦が持ってきた採り立て立ての筍を湯がいてつまみにし、いつもは飲まない、シャンペンとスパーリング獺祭で、よく笑い、よく動く孫と愛しの時。 

 

息子は酒を飲まないが、可愛らしい孫の微笑みをつまみにアルコールも進む しかし、巨人が9回裏逆転サヨナラを逃し、息子と孫ともども、怒り! 孫も確かに怒って吠えていた。

 

NHK  大河ドラマ、「西郷どん」は、ほとんど寝ていて、見た記憶がない。 フジMr、サンデーを少し見て、11時ごろに寝たと思う。

author:小林 健治, category:人物, 09:07
-, -, - -
保坂展人著 『相模原事件とヘイトクライム』(岩波ブックレット)

4月14日(土)

 

朝、8時前に起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 「半分、青い。」、朝の部。 

 

肌寒い中、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で酵母パンとさつま揚げの袋詰めなどを買って、川縁を散歩。 川の流れはほとんどないが、大型鯉のジャンプが見もの。 

 

家に戻ってほどなくして、知人から辛い事実を知らされ、茫然自失。  豚まんを蒸して、酵母パンを焼きバターを塗って、淹れたてコーヒーで昼食を摂るも、味がしない。 

 

保坂展人著、『相模原事件とヘイトクライム』(岩波ブックレット)を読んで、気を紛らわす。

 

20016年7月26日未明に起こった、戦後最悪のヘイトクライム(差別的憎悪犯罪)について、容疑者・植松聖と彼が犯行に至る動機を通して、現下日本に蔓延している、障害者差別の実態と差別意識(優生思想)を明らかにした、簡潔な警告書。

 

世田谷区長として、障害者福祉政策の充実やLGBTなどの差別解消にも行政のトップとして積極的に取り組んでいる著者は、事件について〈「障害者には生きる価値はなく、社会のために抹殺されるべきだ」という優生思想そのものであり、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の論理です〉と指摘する。

 

ナチス・ドイツのヒットラーに心酔していた容疑者・植松聖は、自己の犯行を正しい行為(正義)と信じている。 ナチス・ヒットラーが行った、人種差別による民族浄化、そして優生思想による障害者抹殺。 ホロコーストを準備したのが、T4作戦=障害者抹殺であり、しかも医師、看護師などの医療関係者が率先して行っていた事実を強調している。 「差別の反対は無関心、これが一番の曲者で怪物」。

 

隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツ+コロッケを仕入れ、梅干し入り焼酎のお湯割りにはいで、夕食。 アルコールが入り、少しだけ気分が楽になる。

 

TBSで、タケシのニュースキャスターを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:15
-, -, - -
日本郵政、住宅手当廃止!

4月13日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温17度の春風そよぐ晴天下、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。

 

今日は13日の金曜日。 不吉なことが起こらないことを願う。 注文電話もあり、まずまず。 「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。  新聞三紙を読む。 悪夢の巨人6連敗の記事は飛ばす。 

 

朝日新聞一面に、日本郵政が正社員と非正規社員の格差をなくすという名目で、正社員の住宅手当(月2万7千円で、年間32万4千円))を廃止するという記事。 本末転倒も甚だしいが、よく日本郵政の労働者も黙っていると思う。 

 

どう考えても格差是正とは、非正規社員にも住宅手当を支給するということでしかないだろう。 国家権力を後ろ盾にした、資本家に、とことん舐められている労働者階級。 ホンマに心の底から怒りが湧いてくる。 

 

『週刊新潮』の音声サービスで、財務省事務次官、福田のセクハラ発言を聞く。 先日発覚し、辞職を余儀なくされた、福岡高検刑事部長のセクハラと同じで、アウト。 失職は免れない。 

 

午睡していると、神保町の紙屋の馬友、Kさんがやって来て、皐月賞展望。 3頭に決めたという。 いろいろ裏事情を聞かせてもらう。

 

溜まっていた切り抜きやプリントアウトした記事をまとめて読み、7時前に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時10分に帰宅。 

 

日テレで巨人vs広島戦。 やっとエース菅野が復活し、大差で勝利し7連敗を免れる。  マグロの中トロ盛り合わせと、餃子を焼いて、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 加計学園疑惑で、農水省でも「首相案件」の文書の存在が明らかになる。 本来なら万事休すとなるはずが、そうはならないところに、異常さがある。

 

LIFEで笑って、民放各社の遅いニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:政治, 11:43
-, -, - -
被差別部落像のコペルニクス的転換本の原稿

4月12日(木)

 

朝、9時半起床。 寝過ごし。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温22度の、夏並みの晴天下、汗をかき歩いて駅。 

 

いつものように準特急に乗るも、笹塚で乗り換えを逸し、新宿まで行って折り返し、12時前に神保町。 定期売り場が工事中で、小学館の下まで地下道の階段を上り下りし、定期を更新して、12時15分に事務所。 ひと仕事終えた気分で疲れる。

 

新聞三紙を読む。 巨人5連敗の記事は無視して、朝日新聞の、トップニュース、森友学園土地8億値引き記事をじっくり読む。 

 

「半分、青い。」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

午睡なしで、気合を入れて、7月末刊行予定本、被差別部落のコペルニクス的転換を目指す原稿を読み、朱入れ。 6時に、やっと一回目の原稿校正を終える。 広島から上京してくれる著者と、来週二日間にわたって打ち合わせの予定。

 

7時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

BS、日テレで、巨人対DeNA戦。 逆転ならず6連敗。 シーズン途中の監督交代もありうる、悲惨な状況。

 

カツオの刺身と生シラス+牛肉の野菜炒めをつまみに、レモン入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 森友、加計、文書改ざんと、防衛庁日報隠ぺい問題。 普通なら精神的に耐え切れず、政権を投げ出すが、安倍総理にその気はない。 尋常ならざる政治状況。

 

テレ朝、報道ステーション。 広島の瀬戸内海に浮かぶ向島に逃げ込んでいる、平尾脱走者の逮捕を目指す、広島県警の特殊部隊がドラマ仕立てで登場。 知り合いもいる向島だが、人権意識の強い地域。 

 

民放各社の、ニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:20
-, -, - -
沖縄「高江・辺野古における不当逮捕、不当判決を許さない」報告・激励集会

4月11日(水)

 

朝、9時起床。 熟睡できたが、なぜか身体がスッキリしない。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温19度、曇り空の下春の嵐が吹き荒れる中、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時に神保町。

 

有り難い直注文一箱梱包して発送。 新聞三紙を読む。 朝日新聞が、昨日に引き続き、加計学園問題で、愛媛県知事が文書の存在を認めたことを、“「首相案件」文書作成認める」”と、一面トップ白抜きで報じている。 

 

しかし、NHK昼のニュースは、衆議院予算委員会で、この問題を質された安倍首相の言い訳答弁のみを一方的に流す、異常な忖度報道。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 動悸がして、つぼマッサージをするも効果なく、午睡30分。 動悸治まる。 

 

7月末刊行予定本の原稿読み。 6時まで読み続け、5章に朱入れ訂正をして、本日打ち止め。 

 

事務所から歩いて10分、神田小川町の連合会館で、6時半から開かれる、沖縄の「高江・辺野古における不当逮捕、不当判決を許さない」報告・激励集会に行く。 

 

沖縄から、山城博治さんと稲葉博さんを迎えての集会。 ヘイトスピーチのカウンターメンバーも大勢参加していた。 佐高信さんの軽妙な開会あいさつで集会開始。 

 

弁護団を代表して、金高望弁護士が、不当判決を徹底批判。 すでに沖縄は法の支配が失われている。 駆けつけた沖縄選出の国会議員のあいさつを受けて、山城冶さんと稲葉博さんの力強い決意表明。 閉会の挨拶を中沢啓さんと香山リカさん。 辺野古は、普天間基地移設ではなく、新基地建設阻止の闘い。

 

会場のすぐ裏にある、中華料理店で打ち上げ懇親会。 相席した金高弁護士から色々と実情を聞く。 香山さん、佐高さん、旧男組のメンバーたちと話をして、10時半過ぎにお開き。 

 

神保町からいつもの地下鉄に乗って駅。 タクシーワンメーターで、11時半に帰宅。 巨人5連敗のスポーツニュースで、気分を害し、ウィスキーのショット一杯煽り、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 10:03
-, -, - -