RSS | ATOM | SEARCH
『解放新聞』広島県版・主張「いま考えねばならぬこと」

12月7日(木)

 

朝、9時半起床。 顔を洗って、気温7度の晴天下、速足で駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。

 

弓立社の小俣社長から、緊急の連絡があり、原寿雄さんが亡くなられたので、追悼の意を込めて、原寿雄自撰『デスク日記』の三八広告を打ってほしいとの依頼。 地方紙と中央紙各一紙打つことになったが、地方紙は年内は埋まっているという。 1月でもよいとのことで奔走する。

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 新聞一紙、朝日新聞のみ。 サンスポは配達されていなかった。 この前は、間違って産業経済新聞が入っていた。  

 

解放新聞広島県版が届き読む。 “いま考えねばならぬこと”と題された「主張」は、部落解放同盟の運動が全国的に衰退している状況を憂慮し、中央本部の運動方針を徹底批判している。 

 

「闘っているようなそぶりだけして、敵のやり口(ペテン師的な詐欺)を口先で批判するだけではダメである。酷評すれば、今の運動は、傍観的であるだけでなく、自民党の策略に操られ、これを賞賛するような状況さえみえるということである」

 

「未経験な運動家が、いかにも知ったらしく『心理的差別』を語る。しかし、今のような安倍・自民党に騙されているようなことでは、『水平社宣言』が戒めているように『われわれは祖先をはずかしめて』いることになる」。 

 

新聞の二面には、小森龍邦・部落解放同盟広島県連合会顧問の研究会講演要旨、「差別事件について考える―現象から本質に迫る」が載っている。 「本質は現象し、現象は本質的である」(ヘーゲル) 糾弾を放棄し、融和運動にひた走る、中央本部の日和見主義的本質が運動路線に現れている。

 

娘の応援を得て、請求作業と年賀状の段取り。 喪中の知人をリストから除外して、年賀状の裏面の挨拶文を作成し、年賀状闘争の火ぶたが切って落とされた。 来週の月曜日から、宛名と裏面の印刷を開始し、本格的に取り組むことになる。

 

6時過ぎに、事務所を退出。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 2割引きの刺身の盛り合わせと、自家焼きハンバーグに千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 羽田着の飛行機が高度300mで都心を過ることについて詳報。 しかし、なぜ300mの高度で飛ばなければならないのかの、本質を欠いた報道。 東京の空は、米軍が制空権を握る、牴E超域“に触れなければ意味がない。

 

沖縄、普天間の米軍基地近くの保育園に、米軍機からの落下物。 危うく園児に致命傷を与える事故。 しかし、報道する時間が遅い。 トップで報道してもおかしくない事件。

 

NHKで、クローズアップ現代。 「ジョン・レノン」。 いい番組。 高校3年生の時、学園祭の初舞台で演奏し歌ったのは、ビートルズの爛ぅ┘好織妊“だったことを思い出す。 しかし、丸坊主ではビートルズは似合わない。

 

11時に、BSプレミアムで、「世界入りにくい居酒屋」、バルセロナ編。 Eテレで、「バリバラ」を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:差別・人権問題, 08:55
-, -, - -
府中で忘年会

12月6日(水)

 

朝、8時半起床。 シャワーを浴びて、気温6度の晴天下、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

重要な、メールの返信に、時間をかける。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

NHKの“ごごナマ”に、お笑いの中川家が出ていたので見る。 吉本の芸人養成学校(NSC)出身だと知る。 生の即興で掛け合い漫才。 笑いながら2時まで、ついつい見てしまう。

 

ひと寝入りしようと思っていたところに、学生運動時代からの知り合いで、旅行会社を経営しているFさんが、九段下まで用事で来たのでと、立ち寄る。 

 

二人にに関連する組織の話や、昨今の危機的政治情勢について、突っ込んだ話。 お互いに、60歳を超えても、意気軒昂! Fさんに、卓上カレンダーを頂いで、再会を約す。

 

6時前に事務所を退出して、京王線に乗り、府中駅。 駅近くの馬肉料理店「SINBA」(新馬のことか?)で、新潮社のKさん、講談社のYさんと忘年会。 帰りが遅くならないように(ハシゴ酒をしないように)、“合理的配慮”をして頂き、家に近い府中で懇親会を催すことになった。 

 

引越してから、まだ府中競馬場に挨拶していないので、少し気が引けるが、美味しい馬肉の刺身と焼酎で楽しい宴。 無茶苦茶流行っていて賑やか。 隣の席の団体客が帰り際に、喧しくて済みませんとの一言。 府中の夜は礼節の街。

 

10時に終えて、帰る気持ちが表情に見て取れた二人に、府中駅2Fのプロムナードの、看板には爛轡腑奪肇弌“と表示していた「DARING」というオープンバーに、小一時間のつもりで、飛び込む。 ところが、12時前まで帰るに帰れず。 

 

それは、ショットバーのオーナーが、尊敬しているという爛疋鷯西”さんの物真似にある種の感動を覚えたから。 途中から、寒い中、ほとんど裸になって、大パフォーマンス。 テキーラを呷りながらの饗宴に、拍手! しかし、駅隣接ビル2Fのお店で、大丈夫かと心配する。

 

12時前に、府中駅から電車に乗って、Kさん、Yさんと別れ、12時15分に帰宅。 しかし、府中は大都市になっていることを実感。 

 

NHK、Eテレで、ETV特集、「沖縄写真家・石川真生」を見て、1時半に就寝

author:小林 健治, category:お酒, 09:48
-, -, - -
師走にふさわしい忙しさ

12月5日(火)

 

朝、8時30分起床。 顔を洗って、多分(ONDO屋の温度計を見逃す)気温8度ぐらいの、晴天下、歩いて駅。 速足で歩き、結構汗をかく。 区間急行で、10時に神保町。

 

事務所のドア前に、榊寧子さんの、『猫と花の切り絵カレンダー』100冊が届けられていた。 日販を除いてすでに取り次ぎ委託は終わっている。 午前中に、もう一つの新刊、『被差別部落像の構築 作為の陥穽』(小早川明良著)の取り次ぎ見本出し。

 

一息ついて「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞を読んで、地下鉄三田線で神保町駅から大手町。 年末年始の、岡山〜東京、広島〜東京の、ネット予約していたEXチケットを受け取りに、地下を1Kmほど歩き、大汗をかいて八重洲の東海道新幹線窓口。 

 

無事発券してもらい、帰りは中央線でお茶の水駅から、ゆっくり歩いて神保町。 50年前と変わらない、御茶ノ水駅、明大寄りの出口の階段は、狭くて急で危ない。

 

事務所に戻ると、知人の自費出版の件で連絡があり、電話で打ち合わせ。 二巻出版予定で、一巻目は年内に着手したいとのこと。 本決まりになれば、文字通り師走の忙しさとなる。

 

某大手出版社から頂いた、お歳暮の洋ナシを食す。 梨というより林檎に近い味だが、美味しい。 

 

6時過ぎに、『猫と花の切り絵カレンダー』の発行元代表とち合わせをして、7時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

3割引きの刺身5点盛りと半額のヒラメの板+里芋とイカの煮っ転がしで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。 にぎり寿司と巻き寿司少々で、夕食を終える。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率は30%で最悪。 茶碗を本物と見極めて、30万の値付けすれば300万で、馬券でいうところの、爛肇螢ミ”ばかりで、全く直観冴えず。

 

テレ朝、報道ステーション。 後藤謙次が出てくると、白ける。 チェアーマッサージを受けて、民放各社にニュースをハシゴし、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:56
-, -, - -
神保町の馬友、WIN5的中!

12月4日(月)

 

朝、8時半起床。 寒い! 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温7度、冷たく輝く冬晴れの下、歩いて駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

休み明けの事務仕事をこなし、有り難い直注文、段ボール一箱梱包して、掛かり付けの病院に行き、常備薬を処方してもらう。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

新聞を読み終えたところに、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 なんと、WIN5を的中させ、75万円の払い戻しを受けたという。 

 

それにしては、喜びが表情に現れてないと思っていたら、やはり150万〜200万の配当を期待していたらしい。 本当にそう思う。 こちらは、最後のレースをハズし落ち込んだが、配当額が思いのほか少なかったので、逆に少し救われた気持ちがしていた。 

 

入れ替え代わりに、近所の出版社の編集委員がやって来て、最近の政治情勢と、伊藤詩織さんの、『ブラックボックス』(文藝春秋)の話題。 『週刊新潮』が記事化していたのに、文藝春秋から単行本が発売された経緯を興味深く聞く。

 

4時半にもかかわらず、すでに窓外は真っ暗。 あれこれ雑用をこなしていたら、5時のチャイムが鳴り響く。 6時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時半に帰宅。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は愛知県瀬戸市で、ゲストは俳優の内山理名さん。 瀬戸焼はいつものパターンだったが、自ら社会性がないと語る、帽子店の店主のユニークさに爆笑。

 

NHK、ニュースステーションは、見るに値しない報道番組に成り下がっている。 テレ朝、報道ステーション。 米韓の、大規模な軍事訓練と北朝鮮情勢から、米トランプ政権のロシア疑惑。 至極真っ当な冒頭からの報道。

 

30分間、チェアーマッサージ器に体をゆだね、11時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:48
-, -, - -
師走競馬は大波乱!

12月3日(日)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

透き通った真っ青な冬空を仰ぎ見て、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で無農薬の新鮮野菜などを大量に買って、川縁を散歩。 昨日と同じくマガモの群れが目立つ。 そのマガモに、橋の上からエサを与える老人一人。

 

焼き豚と極太メンマ入りもやしラーメンで、昼食。 午睡の後、中央競馬。 

 

神保町の馬友から、電話で情報を得て、気合を入れたレースは、3連単・2200万円で、三連複も550万円馬券の、大波乱。 カスリもしなかったが、史上二番目の超高配当だという。 

 

メインレースのG機Ε船礇鵐團ンカップは、調教が抜群だった、ムーア騎乗の、ゴールドドリームが制覇した。 事前予想でも要注意馬として挙げていたが、馬券は外れ。 ムーア騎手追いは凄い凄いの一言。

 

WIN5は、4レースまで的中し、久しぶりに興奮したが、惜しくも最終レースを外し、50万円近い配当を逃す。 最終レースに取り組む気力も失せ、マイナス収支で終了。

 

夕方、湯船を洗い、沸かしたばかりの風呂にゆっくり浸かる。 自家製ポテトサラダとほうれん草の胡麻和え+鶏肉と豚肉入りの野菜鍋で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 転寝30分。

 

後3回で終わる、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。 猖槐住の変“に向かって急展開。 

 

NHKで、サンデースポーツ。 期待した、福岡国際マラソンのニュースは、最後の方でほんのん少しだけ。 マンスリーキャスターは見栄えがするが、国内初の2時間7分19秒で三位に入った大迫選手をもっと早く、かつ詳しく報道すべきだと、強く思う。

 

日テレで、スポーツニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:競馬, 08:51
-, -, - -