RSS | ATOM | SEARCH
サッカーワールドカップ・ブラジル対メキシコ戦

7月2日(月)

 

朝、10時起床。 隣の部屋の冷房をつけ、間接冷気で、熟睡。 昨日の久しぶりのジョギングで、太ももがハンパない張り。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、歩けば倒れそうな酷暑の中、バスで駅。 区間急行で、12時に神保町。 

 

週明けの事務処理をこなして、「半分、青い。」、昼の部。 さつま揚げ入り自家製サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 今日未明に行われる、サッカー日本対ベルギー戦の話題満載。 しかし見ない。 見るのは、11時から始まる、ブラジル対メキシコ戦のみ。

 

月曜配信の「THE JOURNAL」で、高野孟さんが語っている、「日本vsポーランド戦。西野監督の采配には賛否両論真っ二つだが、私はあくまでも勝ちに行ってそれで負けたら仕方ないと思う潔さの方を選ぶ」。 至言!

 

神保町の紙屋の馬友、Kさんが大汗をかいて涼みにやって来る。 Kさんは、今朝の5時半まで、デンマーク対クロアチア戦を最後まで、つまりPK戦まで見ていたという。 ということで、話は半部以上サッカーの話。 競馬は事実上夏休みなので、Kさんの話を聞くだけ。 Kさん、今日も27時からの日本戦を応援観戦するという。 暑いので身体に気を付けてと、気遣う。

 

ツイッターとフェイスブックを流し見て、必要な情報をプリントアウトなどし、時間を費やす。 今月末刊行予定の新刊の著者から、朱入れ原稿と追加原稿が送られてくる。 もう一度著者の意向を確かめるために読んで、印刷所に入れる予定。

 

早め6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 駅ビル3Fで、成人男性用の、粋な麦わら帽子を買う。 1F、成城石井で買い物をし、バスに乗って7時半に帰宅。

 

ヒラメの板刺身と冷やし中華の具の残り+自家製スパゲッティ―アラビアータで、柚子入り焼酎二杯の、夕食。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、長崎県雲仙市で、ゲストはなんと、「半分、青い。」のヒロイン鈴愛(すずめ)役の永野芽郁。 化粧をしているのでなかなか地元に人に気付かれない。 おじいさんが地元の出身だという。 いい番組!  NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 とくに語ることはなし。 

 

11時からNHKで、サッカーワールドカップ、ブラジル対メキシコ戦。 前半戦は、メキシコが押し気味だったが、両チーム様子見で、0対0。 

 

後半に入ってすぐ、すでにピッチを去った、メッシ、ロナウドなきあとの、ネイマールが芸術的なバックパスで段取りをして、犲作自演“のゴールを決める。 後半もネイマールのアシストで1点追加し、2対0でブラジルの勝ち。 さすがネイマールと言いたいところだが、少しセコイ。 今のところ見た範囲で言えば、優勝候補はフランス。

 

ダイジェストを見ていると、タイの洞窟で行方不明になっていた少年13人の無事が確認されたとの、ニュース速報。 なんかホッとして、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:26
-, -, - -
サッカー、ロシア対スペイン戦

7月1日(日)

 

朝、9時起床。 晴天に布団干し。 今日から文月・7月。 有機トマトジュースと青汁二袋。 産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場で新鮮野菜を買い込み、川縁を散歩。 猛暑に負けず、若い人たちがバーベキューで盛り上がっていたが、その数、男女10人ほどのグループのみ。

 

酵母パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 読書。 3時、 期待した中央競馬、中京10Rのエニグマは5着で馬券対象にならなかったが、次走は必ず3着以内に来る。(直前に2・3番人気馬が発走除外になるなどの異常事態があった) 

 

夕方、10か月ぶりにジョギング+ウォーキング、1時間。 大汗を風呂で流して、極楽。 体重が2Kg減っていた。 焼き飯と焼き豚入り冷やし中華で、柚子入り焼酎の水割り二杯の夕食。

 

日テレ、狄秦衒麁札丱鵐シャ“。 二宮清純もサッカー、ポーランド戦後半の、無気力パス回しを評価。 昨夜の各局のサッカー番組を含めほとんどのメディアが、決勝リーグ進出のためには止む負えない戦術としている。 

 

それは、目的のためには手段を択ばないことを正当化する偽論理であり、日大アメフトの違法タックルをも認めることに繋がるとんでもない主張だといえる。 かって、甲子園で石川・星稜の松井秀喜選手を4連続四球で敬遠した、高知の明徳義塾の戦術と同じ、反スポーツ精神であり、断罪されるべき行為。 

 

目的の正当性はその手段(過程)の正当性が担保されていなければならない。 明日の日本vsベル―ギー戦は見ない。 審判にセネガル人が3人配置された。 FIFAも面白いことをする。 ベルギーに5点以上の差を付けられ、惨敗が予想される。

 

NHK大河ドラマ、「西郷どん」。 なぜか視聴率が低い。フジ、Mrサンデーも、サッカーについては、西野監督擁護一色。 

 

TBSで、ロシア対スペイン戦。  昨夜の、フランスとアルゼンチンの試合からは数段劣るが、1対1のまま延長戦。 ロシアはハッキリとPK戦狙いで、守りを固める。 そして、キーパーはファインセーブ連発。 

 

後半のボール支配率は、スペインがなんと90%! ついに今大会初の延長戦、前後半を終え、PK戦。 4−2でロシアが勝利。 世界ランキング70位のロシアが、ランキング10位のスペインに勝つ戦法が見事にはまった試合だった。

 

それにしても、無敵艦隊・スペインの怒涛の攻撃を防いだ、帝政・ロシアの鉄壁の守りも見事だった。 2時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 10:34
-, -, - -
スポーツマンシップにもとる、“サムライジャパン”

6月29日(金)

 

昼、11時半起床。 熟睡して、体調良し。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、「半分、青い。」、昼の部を見て、猛暑の中、バスで駅。 

 

準特急〜区間急行で、2時に神保町。 くらくらするような暑さ! 焼き豚とサラダとパスタの入った、コンビニ弁当で、昼食。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ新聞は、サッカー、対ポーランド戦の前半のみ。 なんと朝日新聞が1面トップ、カラー写真付きで、「日本 決勝T進出」とある。 しかも、「逆風を力に みせた成長」と手放しの褒めよう。 昨夜は今開催で最もひどい試合だったことに触れるべき。 海外メディアの目は厳しい。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、競馬の話より、サッカーの話。 Kさんは西野監督の判断を支持するという。 サッカーでは意見が対立したが、日曜日の中京競馬10Rに出走する、我が推奨馬・エニグマの激走については意見が一致。 

 

資料を読み、整理して、7時に事務所を退出。 地下鉄神保町駅に着くまでの僅かな時間に汗をかく。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、8時半に帰宅。 咳も鼻水もさほどではなく、治まる。

 

巨人vs中日戦は、どこも放送していない。 冷房をギンギンに効かせて、ヒラメの板刺身とピザで柚子入り焼酎の水割り三杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 昨夜のサッカー後半のセコイ試合に、会場から10分間以上のブーイング。 やはりスポーツマンシップにもとる最低の酷い試合。 

 

ベルギー戦では5点以上の差を付けられ惨敗が目に浮かぶ。 西野監督は、記者会見で、「他力・・・・」猖楷“という言葉を飲み込み、苦渋の表情だが、反省はない。 

 

BS・プレミアムで、「半分、青い。」夜の部。 遅い民放各社のニュースで、昨夜のサッカーの卑怯な試合内容の批判を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 12:46
-, -, - -
西荻窪の夜+サッカー!

6月28日(木)

 

朝、9時起床。 咳込んで目が覚める。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度の風吹く曇天下、歩いて駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。

 

くしゃみはないが、鼻水と咳が止まらない。 一日おきにアレルギー症状が出る。 「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ紙は、今夜のサッカー対ポーランド戦一色。 用事があって銀行に行くも、少し歩いただけで、あまりの暑さに目がくらむ。 8月は、恐ろしい灼熱地獄か。

 

ジャーナリストの李信恵さんが訴えていた、ヘイトスピーチのネット上のまとめサイト「保守速報」に対する判決が大阪高裁であった。、「保守速報」の管理人からの控訴を棄却し、200万円の損害賠償を認めた、大阪地裁の判決を支持した。 賠償額に不満は残るが、完全勝利といってもよい判決で、これからのネット上のヘイトスピーチ規制の闘いの武器になる判決。

 

6時前に事務所を退出して、若い人たちでごった返す、白山通りを歩いて水道橋駅。座席の少ない総武線に乗って、西荻窪駅。 駅近くの“炭火焼肉ホルモン 三四郎 西荻窪店”で、『週刊金曜日』の副編集長・Iさんたちと暑気払い。 肉に関しては少々やかましい私をして、美味の一言。 

 

二次会をカラオケスナック。島崎藤村作詞の、“惜別の唄”を絶唱して、何はともあれ、名残惜しいが10時半過ぎにお開き。 中央線で武蔵境駅。タクシーに乗り11時5分に帰宅。 

 

フジTVで、サッカーワールドカップ、日本vsポーランド戦。 前半は0対0だが、一部リーグ敗退が決まっているポーランドの選手に、闘う意欲は感じられない。 昨日の韓国と大違い。 ハッキリ言って、日本の残り10分のパス回しというか、セコイ逃げのゲーム展開は最低。 これでは、決勝トーナメント出場に、胸は張れない。

 

怒りを治め、2時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 11:58
-, -, - -
サッカー・ワールドカップ、日本対セネガル戦

6月24日(日)

 

朝、8時起床。有機トマトジュースと青汁二袋。 上半期最後の競馬・G機(塚記念とWIN5の検討。 

 

蒸し暑い中、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 有機米2Kgと市場で新鮮野菜を大量に買い、川縁を散歩。 昨日の雨で元気になったのか、大型鯉の動きが激しい。 マガモ二羽がのんびりと岩の上。  厚焼き卵を作って、自家製冷やし中華で昼食。

 

中央競馬。 宝塚記念不的中で、前半戦のG気鯆めくくれず。 さらに、WIN5は、4勝1敗。 最後の宝塚記念が、頭差2着で100万超の配当を逃し、放心状態!

 

衣替え作業を行いながら、プロ野球、巨人ヤクルト戦。 9回裏、2点返すも後一打が出ず、2対3で敗退。 NHKで、陸上日本選手権。 男女とも5000m戦は怠いレース内容。 女子200mは福島千里が底力を見せる。

 

風呂に入り、湯船にゆっくりつかり、気分転換。 冷やし中華の具とカレーの具をつまみに、薄目の柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

NHK、大河ドラマ「西郷どん」。 虚実ないまぜだが、それなりに面白い。 明日、胃の内視鏡検査なので、10時以降水以外は飲み食い禁止。 とにかく午前0時時試合開始の、日本vsセネガル戦までの時間つぶしに苦労する。

 

10時から、フジでMr、サンデー。 ここでもサッカーワールドカップ。 12時から、日テレで、日本対セネガル戦開始。 前半10分もたたないうちに1点先取されたが、スピード・パワー・テクニック、身体能力全ての面で、セネガルがひとランク上。 よく前半同点にしたと思う。

 

後半も1点取られたが、途中出場の本田がゴールを決め同点。 日本も追加点のチャンスはあったが、試合内容はセネガルの力が凌駕していた。 よく引き分けで終えたと思う。 

 

勝ちに等しい引き分けを見届けて、2時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 08:33
-, -, - -
サッカーワールドカップ一色

6月19日(火)

 

昼、11時起床。 薩摩揚入り野菜サラダで、早めの昼食。 「半分、青。」、昼の部二日間分を見る。 清野菜名の演技が光る。

 

今日は、自宅研修とする。 しかし昨夜は、ハシャギ過ぎた。 TVプロジューサーはほんとうに愉快な人。

 

世界保健機関が、「疾病分類」の「精神疾患」から「性同一性障害」を外したとの記事。 「ジェンダーの多様性は病気ではなく、個人の状態だという考え方を反映した」と、朝日新聞は一面で書いている。

 

大阪北部地震の混乱に乗じて、加計学園の理事長が姑息にも記者会見。 安倍総理との面会を否定する。 なめてんのか、怒!

 

午睡3時間! どうゆうわけか、くしゃみも鼻水も咳もなく、ごく普通。 刺身と餃子を焼いて、柚子入り焼酎二杯の水割りで、夕食。

 

今日は、なにはともあれ、サッカーワールドカップ、日本vsコロンビア戦。 前半PKで一点先取も、FKで同点にされる。 コロンビアの選手がが、試合開始早々一発退場のレッドカードで、一人ハンデをもらっているにもかかわらず、試合内容はコロンビア優位。 後半コーナーキックで1点取り逃げ切ったが、ハンデのおかげとしか言いようがない。 

 

民放各社のニュースも、サッカー一色。 渋谷で大騒ぎするサッカーファンを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:13
-, -, - -
大相撲、結びの大一番

5月24日(木)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、晴天下、重い荷物もあり、バスで駅。 区間急行で10時半過ぎに、神保町。

 

『最新 差別語・不快語』の増刷に向けての、誤字脱字探し読み。 「半分、青い。」、昼の部を見ながら、自家製さつま揚げ入り野菜サラダで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞は、森友学園疑惑に絡む、財務省の破棄されたはずの文書問題。 安倍首相夫人・昭惠氏の関与が明確に示されている。 

 

サンスポは、1面からダービー特集。 一方スポーツ報知は、日大アメフト問題での監督とコーチの記者会見を、ほぼ全面批判した記事を1面〜3面にわたって大々的に取り上げている。(しかも、カラーで視覚に訴える構成) 「世間が納得するとは思えない」(1面)、そして3面は映画の一シーンのようにアレンジした会見場の風景を背景に、「日大無期出場停止ゕ」との大見出しで、「日大」のところはスクールカラーのピンクという念の入れよう。

 

誤字脱字の構成読みを4時前まで行って、3か月ぶりに神保町の中国整体“萬寿堂”。(2時半に電話を入れたが1時間10分後と言われる) 足の裏マッサージと足・腰・背中・首の整体を、計75分受ける。 ふくらはぎの指圧の痛さに涙する。 それにしてもよく流行っている。 微妙にツボが外れていたのはご愛敬。

 

5時半前に戻り、大相撲今日の大一番、というより今場所最高の取り組み、白鵬対栃ノ心戦。 ガブリ四つの力相撲で、見応えがあった。 まさに大相撲! 勢いのある栃ノ心がが勝ったが、対白鵬戦初勝利とは思えない強さ。 大関どころか横綱も見えてきた。 モンゴル出身力士対ジョージア出身力士の結びの一番、大相撲人気は外国勢が支えている。

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り、8時に帰宅。 2割引きの蛍烏賊と生ワカメ+ハンバーガーにキャベツを添えて、柚子入り焼酎の水割り一杯で、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 なぜか冒頭から昨日の日大アメフト監督・コーチの記者会見での主張を、一昨日の宮川選手の勇気ある会見内容を無視し、て好意的に報道。 日大アメフトOBで積極的に発言していた、共同通信の宍戸もトーンダウン。 やっぱりNHKは変わっていなかった。

 

怒っていたら、画面に崔江似子さんが映り(隣には師岡弁護士)、ネット上での脅迫に対して、ネトウヨが書類送検された事件を報道。 よく取り上げたたと気分が良くなる。

 

テレ朝、報道ステーション。 日大アメフト問題をまともに報道。 終了間際、米朝首脳会談を、トランプが延期したとの特報が入る。 

 

民放各社のニュースを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:41
-, -, - -
巨人、山口14奪三振・完投勝利

4月17日(火)

 

朝、9時起床。 花粉症は少し和らぐ。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、気温13度の曇天下、歩いて駅。 

 

新しい通勤路の脇には、音楽大学があり、楽器を持った大勢の女子学生(男子も少しいる)とすれ違う。 華やいだ雰囲気に気分も爽快。 区間急行で、11時に神保町。 

 

鼻水とくしゃみはかなり改善されたが、まだタオルが手放せない。 新聞三紙を読む。 防衛省のイラク日報隠ぺい問題〜財務事務次官の居直り〜秘書官の証人喚問問題。 安倍総理はアメリカ・フロリダで、極悪人・トランプとゴルフに興じるという。 スポーツ紙も大きく報道しているが、文字通り政治の世界は世も末。

 

「半分、晴れ。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 午睡30分。 今週、著者が上京し、二日間にわたって、校正した原稿を前に討議するが、その前にと、追加原稿がかなり送られてきたので読む。 

 

著者の遠縁にあたる古老にインタビューした、起こし原稿が面白い。 もう一つは、ナショナリズム及び生産関係、さらにケガレと近代部落差別との関係の有無を論じた研究論文で、少し専門的な内容。

 

注文電話もぽつぽつ入り、夕方には、かなり花粉症の症状も緩和され、ひと安心。 雨が降り出したので、小降りの6時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り7時過ぎに帰宅。 

 

NHK、ニュース7。 安倍総理が訪米。 疑惑の中心、妻・昭恵と柳沢秘書官も同道。 三人で疑惑からの逃避行。

 

2割引きのカツオの刺身と、隣の精肉店で買っていた豚ロース(家人から日曜日に4個買っていたと教えられる)に千切りキャベツで、レモン入り焼酎の梅干し三杯の、夕食。

 

7時半から、BS・TBSで、巨人対DeNA戦。 先発山口の、14奪三振の完投勝利にしびれる。 3対2の逆転勝ちで、久しぶりに溜飲を下げる。 これで菅野が本領を発揮すれば、夏までに首位奪取は固い。 巨人の進撃に、酒も進み気合が入る。 辛い出来事もあるが、気分が高揚する 。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率60%で、今一つ。 テレ朝、報道ステーション。 文春砲に撃たれた、新潟県知事の、女性問題での辞職報道。 ようわからん!

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:23
-, -, - -
春選抜高校野球決勝

4月4日(水)

 

朝、9時起床。 暑くて寝苦しく、睡眠不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の晴天下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時前に神保町。

 

新聞三紙を読んで、汗が引くのを待つ。 NHKの連続テレビ小説、「半分、青い。」が高校野球決勝戦のため、30分繰り上げで、12時15分から昼の部が放送される。 それに合わせて、さつま揚げ入り自家製野菜サラダ+チョコボール7個で、昼食。

 

12時半、大阪桐蔭対智辯和歌山の決勝戦プレーボール。 両校とも緊張しているのか、イージーミスが得点につながる展開。 しかし、随所でプロ野球並みの見事なファインプレーもあり、レベルの高い決勝戦だった。 

 

大阪桐蔭の根尾投手は、連投(昨日99球)にもかかわらず、140Km台の速球を武器に、140球投げ切り、昨年に次いで2年連続優勝投手となる。 決勝戦にふさわしいいい試合だった。 両校に拍手を送りたい。

 

 9月に発刊予定の、被差別部落像のコペルニクス的転換を予言させる新刊本(モナド新書)のラフ原稿ができたので、読み始める。  6時半までに第一章を読んで、朱入れ加筆して、本日打ち止め。 

 

直行電車で駅。 フードマーケットで、刺身以外の買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 ボイルしたホタルイカと豚肉ともやしの炒め物で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

BS、TBSで巨人vs中日戦。 今一つ巨人に元気がない。 NHK、ニュースウォッチ9。 そのまま、「クローズアップ現代」で、狄考Ц文書改竄“問題、誰がなんのために、を見る。 まずまずの内容。

 

10時25分から、テレ朝、報道ステーション〜日テレ〜TBS。 今日は、メジャーリーグの大谷翔平選手ののホームランがメインで、他のニュースは影が薄い。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:16
-, -, - -
高校野球〜プロ野球・巨人戦

4月3日(火)

 

朝、9時起床。 9時間トイレにも起きず、熟睡。 体調良し! 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温20度の薄曇りの中、歩いて駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

応援に来ている娘に、精算と若干の支払いなどの、会計作業を行ってもらう。 高校野球準決勝第一試合、東海大相模対智辯和歌山戦。 延長10回、乱打戦を制した智辯和歌山が勝利。 準決勝にふさわしい熱戦。 

 

NHKで、出だし好調の、「半分、青い。」、2回目昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 空腹感があり、チョコボール5個で、糖分補給。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ二紙は、メジャー二刀流で、1勝を挙げた大谷投手の活躍に、99年ぶり、ベーブルース以来と、大紙面を割いている。

 

増刷に向け、『最新 差別語 不快語』を読み進める。 途中から、準決勝第二試合、大阪桐蔭対三重戦。 見ごたえのある投手戦を、延長12回大阪桐蔭がサヨナラ勝ちで制す。 明日の決勝が楽しみだが、どちらも延長戦を闘っており、ピッチャーの疲れが心配。

 

引き続き、『最新 差別語 不快語』を読み進める。 6時に本日打ち止めにして、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井でりんご酢などを買う。 刺身は買わない。 バスに乗り、7時半に帰宅。

 

BSフジで、巨人vs中日戦。 31日にマツダスタジアムで行われた、広島vs中日戦で、外野の中日ファンが、広島に「原爆落せ」のヤジ。 差別ヤジに批判が集中。 そんな低レベルファンがいる、中日ごときに負けるわけがない。 上原も投げて、完勝。

 

フキノトウと鶏胸肉のから揚げを作り、レモン入り焼酎のお湯割り二杯。 イカ入りチヂミで、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 オスプレイを米軍横田基地に5機配備のニュースにはびっくりした。 東京の空域権は米軍が握っている。 オスプレイが首都圏を飛ぶのも時間の問題。

 

テレ朝、報道ステーション。 加計学園の入学式。 NHKは好意的に長々と報道していたが、テレ朝は、短く批判的に触れただけ。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:スポーツ, 09:20
-, -, - -