RSS | ATOM | SEARCH
内田博文著『治安維持法と共謀罪』(岩波新書)

3月17日(土)

 

朝、8時に起床。 「わろてんか」、朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 澄み切った晴天に布団干し。 

 

本を読んで、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で、酵母パンとさつま揚げの袋詰めなどを買って、川縁を散歩。

 

野川に枝垂れかかっている桜の木の枝先は、濃いピンク色に染まり、今にもはじけて開花しそうな雰囲気。 大型鯉も戻ってきて、二十数匹の軍団が、優雅な泳ぎ。

 

豚まんと酵母パンにバターを塗り、淹れたてコーヒーで昼食。 内田博文著、『治安維持法と共謀罪』(岩波新書)を読み終える。 

 

盗聴法(通信傍受法)〜安保法制〜秘密保護法、そして共謀罪。  戦前回帰=戦争のできる、軍国主義国家を法的に立ち上げる悪法が、安倍政権のもとで強行されている。 この危機感に動かされて、1925年成立の治安維持法と共謀罪の関連を、刑法の立場から歴史的に検証したもの。 

 

治安維持法は、満州事変=侵略戦争拡大を前に、言論・出版・集会・結社の規制、つまり現憲法第21条を全面否定する内容。 そして宗教弾圧を意図した,稀代の悪法であることを、歴史的経緯を丹念に追いながら明らかにしている。 

 

いま、予防拘禁制度や社会防衛論に基づく保安処分などが、精神障害者に対する差別と偏見を助長する、精神保健福祉法に盛り込まれようとしている。 先週再審が決定した、冤罪「大崎事件」についても、触れている。 政権交代を実現し、共謀罪などの悪法を廃止するための、導きの書。

 

土曜競馬は、3連単10数万の抜け目を喰らい気落ちしていたが、阪神最終12Rで一矢報い、大幅プラス収支で終了。 明日のWIN5に繋げたい。

 

隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツを仕入れ、千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割りと水割り、各一杯。 ほうとううどん少々で、夕食を締める。

 

NHK、「ブラタモリ」を見ながら、WIN5の検討。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 ニュースランキングは、断トツで「森友学園」文書改竄問題。 

 

民放のスポーツニュースを見て、1時に就寝。   

author:小林 健治, category:読書, 09:01
-, -, - -
樋田毅著、『記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実』(岩波書店)

3月10日(土)

 

朝、9時起床。 曇天に布団干せず。 産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 

 

市場では、有機酵母パンを一個買えただけで、豚まんなどは売り切れ。 薩摩揚の袋詰めを買って、川縁を散歩。 マガモが数羽いるだけで、水濁り大型鯉の姿は見えず。

 

酵母パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 「わろてんか」、昼の部。

 

樋田毅著、『記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実』(岩波書店)を読み終える。 1987年5月3日の憲法記念日に、朝日新聞阪神支局が、目出し帽をかぶり、散弾銃を持つた男に襲われ、記者一名が殺害され、一人が重傷を負った、戦後の日本言論機関に対する最悪のテロ・「赤報隊」事件を追い続けた元朝日新聞記者の執念と、いまだ事件が解決していないことへの悔恨と、今後も追跡し続けるという決意の書。

 

事件の犯人を追いかけるうえでの取材対象は、右翼、新右翼、ネット右翼、そして、統一原理・勝共連合・原理運動(本文中はαとしている)など。 知っている人物も多く、迫真のノンフィクション。 

 

特に朝日新聞社内で、新左翼や部落解放運動担当記者として幅を利かせていた、高木正幸(本文ではN記者)の所業=世界日報社と朝日新聞編集幹部との手打ちの仲介役=に、さもありなんと思う。 部落問題でも権力側の立場で、取材した情報を漏らし、解放運動の破壊工作に手を貸していた札付きの悪徳記者。

 

今の安倍政権下で急速に進む、戦前回帰の排外主義的右翼化の実態の解明にも繋がる内容に緊張を覚える。 最後に、犯人に挑発的に呼びかけている。 「赤報隊よ。逃げ隠れするな。」

 

土曜競馬を少し。 的中率は“高いが、配当率が低く、トリガミ“状態で、情けない。 7時に、隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツを仕入れ、レモン入り焼酎のお湯割り三杯で、夕食。 

 

「森友学園」疑惑に関わって、自殺者と国税庁官辞任、そして麻生と安倍の暗闘。 それをほくそえんでみている、二階俊博自民党幹事長。 グロテクスな情景に、うんざりする。

 

TBS、タケシのニュースキャスターを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 11:07
-, -, - -
佐藤優著 『ファシズムの正体』(インターナショナル新書)

3月4日(日)

 

朝、8時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団を干し、TBS、サンデーモーニング。 

 

春の陽気の中、産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 新鮮野菜を大量に買い、果物少々。 川には昨日と同じく、水ぬるむ中、十匹近くの大型鯉とマガモ。 

 

20度近くあり、さすがにジャンバーでは暑かった。 酵母パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

佐藤優著、『ファシズムの正体』(インターナショナル新書)を読み終える。 「内政的な基盤を強化するために、外交的な危機を煽るのは、ファシズムの常套手段だ」と、冒頭にある。

 

本書は主に、イタリアのムッソリーニに「ファシズム」の典型を見い出し、、ナチス・ヒットラーや戦前の日本の「天皇制ファシズム」との違いを認識することの重要性を指摘する。

 

資本主義の危機を乗り越え、共産主義に対抗するために起きたファシズム運動の世界観は、近代の「合理主義、個人主義、物質主義に対する反発から出現した」。 

 

そして「高福祉や格差解消など耳ざわりのよい言葉で忍び寄り、社会不安」の是正政策を掲げる。 その意味で、「民主主義原理はその中にファシズムとつながる潜在的可能性を常に孕んでいる」、「ファシズムには、単なる国家主義や民族主義とは異なり、『生の哲学』や戦争の肯定、社会主義的な制度構想など、さまざまな思想が流れ込んでいる」ことに注意を払う必要がある。

 

現下日本の格差拡大と非合理的な排外主義(ヘイトスピーチなど)や精神主義の台頭は、日本におけるファシズム現象として見なければならない。北朝鮮、中国の脅威を煽る、安倍政権の危険性を見抜くためにも、必読の書。

 

中央競馬。 WIN5は4勝1敗で、惜敗。 小倉の短距離は 逃げ馬に限る。 皐月賞〜ダービーに繋がる、弥生賞を見る。 単勝1倍台の、ダノンプレミアムが危なげなく勝ったが、後はフルゲート皐月賞の多頭数を捌けるかどうかだろう。

 

夕方風呂に入って、極楽。 隣の精肉店で牛肉を仕入れ、すき焼きで、レモン入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 

 

NHK、大河ドラマ「西郷どん」。 徳川慶喜と品川の遊郭で西郷が知り合ったのは、史実ではないだろう。 フジで、Mr、サンデー。 平昌オリンピックのメダリストのその後。 

 

スポーツニュースを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:07
-, -, - -
熊野純彦著『マルクス 資本論の哲学』(岩波新書)

2月24日(土)

 

朝、9時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、今回も蛇口から4ℓボトル×2本に注水。 市場でパンと豚まんを買って、川縁を散歩。 マガモが十数羽優雅に泳いでいるが、大型鯉の姿はない。

 

「わろてんか」、昼の部を見ながら、豚まんを蒸して、淹れたてコーヒーで昼食。 

 

熊野純彦著、『マルクス 資本論の哲学』(岩波新書)を読み終える。 マルクス生誕200年を記念して出版された、資本論の分かり易い解説書。 

 

爐△箸き“に記されているように、マルクスの『資本論』は三つ視角から研究されてきた。 一つは、宇野経済学派に代表される、爛泪襯ス経済学”の経済学的原理論の立場。 二つ目は、資本論体系の形成史研究。 そして、三つ目が本書の主題でもある、哲学的な視点からの研究。

 

商品の分析から価値形態論、さらに貨幣と資本。 そして、信用制度=銀行信用。 〈信用制度は多面で「もっと純粋で、もっと巨大な賭博システムと詐欺システムまで発展してゆくこと」が可能です。銀行はこうしてさまざまな相場師たちとならんで「高貴な盗賊ども」の一味でありえます〉。

 

本書は、現在進行形の、株価をはじめ安倍政権の経済政策を理解するための(つまり、騙されないための)最良のテキスト。

 

土曜競馬を少々。 限られた情報で、気楽に馬券を購入したが、二頭軸にもかかわらず、意外に高配当も的中し気分が良い。 

 

少し離れたコンビニに競馬新聞を買いに行って戻ってから、喉がヒリヒリしくしゃみを連発。 花粉症の初期症状と判断し、うがいなどで対処し悪化を防ぐ。

 

6時半に、夕食。 隣の精肉店で、揚げたてのローストンカツとメンチカツに千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。

 

満を持して、女子カーリング銅メダル決定戦、日本対イギリス。 朝日新聞夕刊は、一面ででっかく「銅メダルへ 日英決戦」と煽動的な見出し。 11時前に、劇的な勝利。 イギリスの果敢な姿勢がゲームを盛り上げた。 明日の新聞の見出しが楽しみ。 しかし、3時間は疲れる!

 

余韻に浸って、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 12:15
-, -, - -
野間易通著、『実録・レイシストをしばき隊』(河出書房新社)

2月23日(金)

 

昼、12時半起床。 超爆睡! 「わろてんか」、昼の部を見ながら、自家製薩摩揚と野菜サラダで、昼食。

 

女子フィギュア、フリーを見る。 日本の宮原知子と坂本花織も満点に近い見事な演技だったが、金・銀の、ロシアの二人は技術も表現力も素晴らしかった。 金メダルの15歳ザギトワは、氷上の妖精 。

 

今日はプレミアムフライデーなので、国策に逆らわず、自宅研修と決めて、野間易通さんの大著、『実録・レイシストをしばき隊』(河出書房新社)を読破する。

 

「第一部 新大久保の戦い」は、その場にいるような臨場感にあふれ、ハラハラドキドキ、まるで劇画を読んでいるような感覚で、本当に面白い。 インテリでも、学者でもない、一人の強烈な感受性と正義感を持つ、野間易通のヘイトスピーチ粉砕カウンター闘争記。

 

第二部は一転して、「しばき隊」の文化的、社会的背景の分析を、理路整然と熱く語っている。 「在特会」など「ネット右翼」発生のルーツを、ポストモダンとサブカルチャーの「鬼畜系」にあると指摘する。

 

「レイシストをしばき隊」と今までの反レイシズム運動との違いを、「マイノリティによる権利獲得運動とマジョリティによる支援ではなく、マジョリティが社会の公正さを守るために行うもの」と特徴づける。

 

レイシストとカウンターの行動について、「どっちもどっち論」や「喧嘩両成敗」的意見について、表面的な言葉の評価ではなく、「社会正義と公正」を基点に判断すべきとする批判には説得力があり、“傍観者“に強烈な一発を喰らわせている。

 

「在特会」などのヘイト団体が、ネットの中から路上に本格的に出現しだしたのは、第二次安倍内閣成立と軌を一にしている。 それ以前に、ネット上でヘイト言論と闘っていた、野間さんをはじめとする面々が同時にリアル現場の路上に登場し、反ヘイトのカウンター行動を起こしたのだ。 既存の反差別の諸団体は何もしていないにもかかわらず、「社会的公正」を求めて果敢な闘いを今も続けている。 「ヘイトスピーチ対策法」を、より実効性のあるものにするためにも必読の本である。

 

7時半に夕食。 ピクルスとビザ三種をつまみに、焼酎のレモン水割り三杯。 NHKで、女子カーリング、日本対韓国戦。 手に汗握る熱戦で、延長10回惜しくも敗退。 しかしいい試合だった。 明日の銅メダルを目指して頑張ってほしい。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 12:29
-, -, - -
望月衣塑子×森ゆうこ著、『追及力』(光文社新書)

2月3日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢一杯。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み。 4ℓボトル×2本を、蛇口で注水。 市場で、酵母パンと、さつま揚げの盛り合わせなどを購入し、川縁を散歩。 相変わらずマガモのみで、魚影は見えず。

 

酵母パンにバターを塗って、淹れたてコーヒーで昼食。 「わろてんか」、昼の部。

 

望月衣塑子×森ゆうこ著『追究力』(光文社新書)を読む。 東京新聞の社会部記者として、官邸に乗り込み、菅官房長官に鋭い質問を浴びせ一躍その名を知られた、望月衣塑子記者。 

 

院内で舌鋒鋭く政権を追及する、森ゆうこ議員の二人が、「森友」、「加計」、そして伊藤詩織さんのレイプ事件など、安倍政権の不正・腐敗と傲慢がもたらした権力犯罪を、縦横無尽に批判し語った書。 元気がいい女性二人の今後の活躍に期待する。

 

土曜競馬。 東京は、府中の馬場の氷結が解ける11時から、1時間遅れで開催。 トントンで終了。

 

6時半に、隣の精肉店で、ローストンカツとメンチカツを仕入れ、キムチ入り豚汁で、梅干し入り焼酎のお湯割り一杯で、夕食。

 

7時半から、BSプレミアムで、「美輪明宏 ヨイトマケの唄」。 感動する素晴らしい番組だが、なぜ一時期放送禁止歌とされたのか、そしてなぜまた再びテレビで唄われるようになったのか、についてもう少し説明があっても良かったのではと思う。 しかし、本当に素晴らしい、美輪明宏さんの爛茱ぅ肇泪韻留“。

 

TBSで、タケシのニュースキャスターを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:09
-, -, - -
橘玲著、『80`sエイティーズ ある80年代の物語』(太田出版)

1月27日(土)

 

朝、9時起床。 大寒波三日目! 有機人参ジュースと青汁二袋+もろみ酢。 

 

澄み切った寒天下、産地直産市場前の湧き水汲み。 いつもの川縁の遊歩道を歩くも、雪が凍てついていて、危ない。 4ℓボトル×2本を蛇口から注水。 市場で酵母パンなどを買い、日の当たる反対側の遊歩道から帰る。 川には大型鯉どころかマガモの姿も消え、生命感がない。

 

豚まんを蒸し、酵母パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。 「わろてんか」、昼の部。 

 

献本していただいた、橘玲著、『80`sエイティーズ ある80年代の物語』(太田出版)を読み終える。 著者の生きた軌跡を、80年代を軸にたどる物語だが、本当に痛快で面白い。 文章の上手さも、読み進んでいくうちに納得させられる。 

 

海外放浪など、波乱万丈の人生の一断面を生き生きと再現している。 友人知人の描き方も秀逸で、想像力をかきたてさせられる。 20代30代の若い人に是非読むことをお勧めする。  ベストセラー作家には、もともと天性の才能が備わっているのだが、それを開花させるのは当人の努力と時代を読む力。 久しぶりに爽やかな読後感を味わう。

 

中央競馬。 中京と東京を間違って買い、思わぬ高配当をゲット。 一方で、東京と京都を間違え中配当を逃すなど、起伏の激しい一日だった。 取りあえず、大幅プラスで、終了。

 

6時半に夕食。 隣の精肉店で、ローストンカツとメンチ、コロッケを仕入れ、千切りキャベツを添えて、炊立てご飯一杯。 アルコールなし、五日目。

 

7時半、NHKスペシャル、朝日新聞阪神支局を襲撃した「赤報隊」事件。 なかなか見応えがあった。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 

 

スポーツニュースを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 09:06
-, -, - -
望月衣朔子著、『新聞記者』(角川新書)

1月20日(土)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースのみ、一杯。 曇り空に布団も干せず。 

 

産地直産市場前の湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 相変わらず、蛇口から給水。 市場で酵母パンと新鮮キャベツを購入して、川縁を散歩。 マガモのみで大型鯉の魚影は見えず。

 

豚まんを蒸し、酵母パンを焼いてバターを塗り、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

望月衣朔子著、『新聞記者』(角川新書)を読む。 首相官邸に乗り込み、政権と癒着した記者クラブ所属の記者たちの反感をものともせず、能面・菅官房長官に真正面から鋭い質問をぶつけ、一躍その名を知られることになった、東京新聞社会部記者の、これまでの人生と記者生活の歩みを記した、痛快な書。

 

生き生きとした、生活感あふれる筆致だが、しかし鋭く妥協を許さないノンフィクション。 「森友学園」「加計学園」疑惑、そして、伊藤詩織さんが告発した、レイオプ事件について徹底して真実を追及し、権力の横暴に挑む闘いの、途中経過報告書でもある。 また一人凄いジャーナリストが現れた!

 

中央競馬。 二頭軸の一頭は3着以内に来るが(しかも人気薄の方)、もう一頭が馬券に絡まないいつものパターンに、忸怩たる思い。 京都の最終レースを、人気薄の馬一頭軸で仕留め、一矢報いるもののマイナス収支で終了。

 

隣の精肉店で、熱々のローストンカツとメンチカツを仕入れ、千切りキャベツを添えて、炊立てご飯大盛り一杯で、夕食。 アルコールなし、二日目。

 

TBS、タケシのニュースキャスター。 明日のWIN5の検討をして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:49
-, -, - -
溝口敦著、『山口組三国志 織田絆誠という男』(講談社)

1月4日(木)

 

朝、9時半起床。 晴天に布団干し。 有機人参ジュースと青汁二袋。 しかし、いい天気が続く。 自家製きつねうどんで、昼食。 「わろてんか」、昼の部。

 

どうも、応募していた都営アパートが当選したようなので、歩いて5分のところにある、5階建てから3階建ての90戸を、見に行く。 生活圏もほとんど変わらないので申し込んだのだが、入居できるなら、こいっあー、春から縁起がいいっ!

 

溝口敦著、『山口組三国志 織田絆誠という男』(講談社)を読む。 内部抗争を繰り返す、日本最大のヤクザ集団・山口組の、「六代目山口組」(司忍組長)、「神戸山口組」(井上邦雄組長)、そして、「任侠山口組」(織田絆誠代表)の、分裂について、「任侠山口組」の織田代表へのインタビュー(主張)を基に、その分裂抗争の真相を描いたもの。

 

それ故、六代目山口組の司組長、神戸山口組の井上組長に対しては、痛烈な批判が展開されている。 二人の組長には、「容易に拝金主義や色ボケなど『暗愚の帝王』に成り下がった」と手厳しい。 徹底した、両山口組組長批判だが、どこかの「人権団体」の中央本部の委員長と似ていると、妙に感心する。 “魚は頭から腐る!”

 

一方で、任侠山口組の織田代表に対しては、「山口組の歴史の中で初めて登場した理念や経綸を併せ持つトップ」と絶賛。 ヤクザ物のドキュメントとしては、めずらしく旗幟を鮮明にした立場から書かれている。 

 

文中に、部落解放同盟大阪府連日之出支部と織田代表との関係についての記述もあり、興味深い。 在日朝鮮人を父親に持つ、織田代表の母親は、大阪市東淀川区西淡路日之出生まれ。 

 

織田代表は、「ヤクザが『反社会的勢力』から脱するべく、ヤクザ革命という大目標を掲げ」ている。こんなヤクザは今まで出会ったことがないと、著者は語る。 「織田はこれまでの山口組の歴史に存在しなかった新しいタイプのリーダーである」。 新春から、気合の入った本を読んだ。

 

6時半に、夕食。 昨日買っておいた、和牛のステーキとシチューで、ボージョレヌーボー1本の、新春ディナー。 

 

テレ東で、U−18カラオケバトル。 皆上手いが、機械の採点で、100点二人にはビックリ。  NHK、ニュースウォッチ9。 冒頭から、貴乃花理事解任報道。 ほとんどワイドショー。 見るに値しない。 

 

11時から、BSプレミアムで、「世界入りにくい居酒屋」、シドニー編〜「わろてんか」夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:読書, 08:55
-, -, - -
辺見庸著、『1★9★3★7』(金曜日刊)

12月16日(土)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 晴天に布団干し。 

 

産地直産市場前の湧き水汲みだが、晴天続きで水量が激減し、少し離れたところにある、水源は同じ、市場専用の地下水くみ上げ蛇口で、4ℓボトル×2本。 水道水を入れているようで、有難味がない。 

 

酵母パンなどを買って、川縁を散歩。 マガモ軍団が縦横無尽に遊泳しているので、大型鯉の魚影見えず。 豚まんを蒸し、酵母パンを焼いて、淹れたてコーヒーで、昼食。 「わろてんか」昼の部。 

 

朝日新聞の首相動静欄に、松本人志、東野幸治、古市憲寿、そして、なんと指原莉乃と四ツ谷の焼肉店で会食したと書かれている。 いつもの安倍晋三の人気取りパフォーマンスだが、軽佻浮薄な男三人はどうでもよいが、なぜ指原まで参加するのかムカつく。 たぶん参加したくなかったのに、事務所に強制されて、いやいや参加したのだろうと、推察する。 なんか腹が立つ!

 

辺見庸著、『1★9★3★7』(金曜日刊)を読み終える。 久しぶりに凄い本を読んだ。 南京大虐殺が行われた、1937年を、爛ぅミナ“と読み「征くみな」を連想する。 

 

南京大虐殺の実態を、堀田善衛の小説、『時間』に依りつつ、何万何十万ではなく、虐殺され、略奪され、強姦された一人ひとりのその時の情況を克明に描きながら、なぜこんな非道なことがまかり通ったのかを問う。

 

犢跳“なるもの(ニッポン及びニッポン人)の内面の精神性について、そのグロテクスな本質を、中国で従軍していた父親を対象としつつ、実存的に描きだす。 ノンフィクションだが、小説のような文体でリアルかつ精密に、そして著者の生の感情が絡みつつ、読むというより聴かされているような感覚にとらわれる。 

 

虐殺行為の記憶は、「わたしの想念のなかで、うっすらとだが、影絵のように見えるのである。影絵は怖い。影絵は、秘められた内面の記憶のにじみである」。 

 

「実質における最大の非道徳と形式における最高の道徳とは、見事な相互補完を以て非道徳的国家を形成していた」。(『天皇制国家の支配原理』藤田省三) 

 

かって戦争において犢跳“の名の下に行われた極悪非道な行為が、「そのうち〈あったこと〉が忘れられた。忘れると、〈あったこと〉は徐々に〈なかったこと〉になっていった」。 読後感で、書きたいことの100分の1も書いていない。 四六版上製400頁近い大著だが、是非読んでいただきたい、本当に凄い本。

 

夕方、隣の精肉店で仕入れた、ローストンカツとメンチ+コロッケに千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。

 

TBSで、タケシのニュースキャスター。 明日のG機δ日杯FSとWIN5の検討をして、12時半に就寝。 

author:小林 健治, category:読書, 12:17
-, -, - -