RSS | ATOM | SEARCH
ウェブ連載「差別表現」アップ

3月7日(木)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温9度、小雨降る中、バスで駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

気管支炎を治す薬のせいか、身体がだるい。 送られてきた、部落問題関係の調査分析小論を読む。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 午睡30分。 

 

ウエブ連載「差別表現」のアップを行うも、以前と形式が変わっておりうまくゆかず、難儀する。 4時にやっとアップできる。

 

5時に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、気温8度、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレワンセット。今日は一日中雨だったが、大雨が降り始めた。 

 

大地の会の冷凍コロッケを揚げ、千切りキャベツを添えて、白ワイン。 頂いた讃岐うどんすきで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯。 こしのある本場讃岐うどんの美味さは格別。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 自民党二階派に潜り込んだ、細野豪志のスキャンダルがトップニュース。 自民党の党内闘争で、二階幹事長の衰えが見える。 3・11を来週に控え、津波で亡くなった姉を想う妹(今小学5年生)の映像は心を打つ。

 

テレ朝、報道ステーション〜「まんぷく」、夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:04
-, -, - -
著者と打ち合わせ

2月21日(水)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温11度の晴天下、バスで駅。 区間快速で、10時半過ぎに神保町。 

 

事務所の前を、珍しい“チンドン屋”が通る。 着物姿で若い男女3人(男はちょんまげ)が、旗を持ち太鼓を叩きサックスを吹き、新規開店した蕎麦屋の宣伝チラシを配って蛇行しながら歩いていた。 なかなか絵になる。

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 今日の打ち合わせのレジュメを見ながら、構想を練る。 

 

3時に、『反差別の思想と行動』(仮題)の著者・山口祐二郎さんが来られる。 ネトウヨの排外主義を許さない新右翼・民族派の理念と実践的課題について議論する。 

 

5時過ぎに終えて、近所の居酒屋で、杯を傾けながら論議を深める。  右翼の一部に、テニスの大坂なおみ選手を応援しない奴がいるという。 排外主義的右翼に居場所はない。

 

8時に制限時間で店を出て、神保町の古本屋・小宮山書店5F“書斎 ”。  優雅な時を過ごし、著者を見送り、タクシーで帰宅。 以後記憶なし!

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:28
-, -, - -
立春!

2月4日(月)

 

朝、9時起床。 今日は二十四節気の“立春”で、春の始まりとされるが、文字通り最高気温19度の暖かさ。 ”えごま油“入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、春爛漫の気温16度の晴天下、バスで駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時に神保町。 

 

週明けの事務処理とメールなどのチェック。「まんぷく」、昼の部を見ながら、鶏唐揚げ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

ツィッターとフェイスブックで、昨日の排外主義集団・日本第一党の新宿ヘイトデモの醜悪な実態を実写した映像と写真を見る。 抗議行動には、立憲民主党の有田芳生議員をはじめ、香山リカさんたち、主だった強力なカンターのメンバーが総結集していた。 しかし、警察の対応がヘイトスピーチ対策法成立以前に戻っており、酷い。  

 

今日は書店からの注文電話とファックスが、新刊『被差別部落の真実』を中心に7件あり、まずまず。 5時に事務所を退出し、直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温11度、バスに乗り、6時半に帰宅。 

 

筋トレワンセット。 蓮根と牛蒡の胡麻和え煮とポテトサラダ+豚ロースの塊を切って焼き千切りキャベツを添えて、白ワインと梅干し入り鉄瓶焼酎のお湯割り各一杯の、夕食。

 

NHK、ニュース7。 立憲民主党の長妻・元厚生大臣が厚労省の統計不正問題を追及し、当時の「キーマン」(NHKもTBSも同じ表現)の厚労官僚を国会に呼べと迫る。 しかし、ここは爛ーパースン“と言うべきだろう。

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は愛媛県内子町で、ゲストは俳優の神木隆之介。 ゲストの名前は知らないが、大河ドラマ「いだてん」に出ているらしい。 10数年ぶりに大河ドラマをパスしているぐらいなので、視聴率5%台も現実味がある。 2020年東京オリンピックの、盛り上がらない現状を先取りしているといってよい。

 

NHK、ニュースウォッチ9〜クローズアップ現代を見ながら、『週刊新潮』『週刊文春』『週刊現代』を読む。 BSプレミアムで、「まんぷく」昼の部。

 

ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:17
-, -, - -
今年初の尾崎ゼミ

1月30日(水)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温5度の晴天下、20分歩いて駅(汗かかず)。 区間快速で、10時半過ぎに神保町。 

 

今日も娘の応援を得て、税理士に提出するための年度末決算資料の作成。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、ホット・モットのボリュームある海苔弁当で、昼食。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやって来て、先週の反省と今週の展望。 Kさん、WIN5をまたしても4勝1敗で取り逃がしたという。 4週連続の惜敗だが、落ち込んでいる様子はない。

 

午睡30分。 今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』の予習。 「世界史は東から西へとむかいます。ヨーロツパは文句なく世界史のおわりであり、アジアははじまりなのですから」「東洋は過去から現在にいたるまで、ひとりが自由であることを認識するにすぎず、ギリシャとローマの世界は特定の人びとが自由だと認識し、ゲルマン世界は万人が自由であることを認識します」。 ヘーゲルの「オリエント」に対する上から目線は相変わらず。

 

7時にゼミ開始。 今日は新たに、某夕刊紙の女性記者が参加し、雰囲気が和やかになる。 9時に終えて、アフターゼミ。 持ち寄った食べ物と飲み物で、安倍政権批判。

 

11時過ぎにお開きにして、直行電車で駅。 はじめて深夜バスに乗り、以前の停留所で降りて、500M歩いて、12時15分に帰宅。 

 

ストレッチをして、トイレ時間を計り、2時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:40
-, -, - -
『被差別部落の真実』の著者

1月29日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温6度の晴天下、2Km歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

娘の応援を得て、月末の支払いと年度末の会計処理。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、薩摩揚げ入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。

 

昨秋の新刊、『被差別部落の真実』の著者、小早川明良さんが上京し、2時過ぎに事務所に来られる。 販売状況の報告や、反響について愉快な会話。 途中、『客室常務員』本の編集原稿も届き、俄然忙しくなる。

 

5時半に事務所を退出し、神保町交差点の老舗中華料理店・新世界菜館で、著者とディナー。 10年近く前にアルコールを断った小早川さんは、ノンアルコールビール。 刺激的な会話を楽しんで、明日国会図書館で調べ物をするという小早川さんを見送る。

 

神保町駅から、鈍行〜準特急で駅。バスに乗り9時前に帰宅し、なんとテレ東、「開運!なんでも鑑定団」に間に合う。 真贋見分け率は高かったものの、的中率は30%で何ともならず。 古代中国の銅像を本物の見極め、600万円の値を付けるも、2200万円との評価には、うなだれるしかない。

 

テレ朝、報道ステーション。 語るべき内容なく BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部。

 

ストレッチをして、1時に就寝。(首のリンパ腺を中心にした手揉みと腰・肩の伸長運動だが、睡眠効果大)

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:07
-, -, - -
『客室乗務員地上職に1ヶ月で合格する本・2020年度版』

1月23日(水)

 

朝、9時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 晴天下、2Km歩いて駅。 準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

娘の応援を得て、2018年度の会計処理(弥生会計に入力する作業が大変)。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、ホッとモットの海苔弁当で昼食。 旨い! テレビで宣伝しているだけあって、食い応えがある。 

 

『客室乗務員』本の修正原稿と朱入れ原稿が次々と入ってくる。 手違いもあり大忙し。 夕方やっと解決し、一息つく。(最終的には午後9時に全て解決) 

 

頼まれた原稿読みに集中。 5時に読み終えて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り6時半に帰宅。 筋トレワンセット。 

 

2割引きの刺身5点盛りと5割引きのヒラメの板+きつね寿司で、白ワインとシークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り、各一杯の、夕食。

 

NHK、7時のニュース。 日露首脳会談を、番組終了間近に少し触れるだけ。 分かり易い忖度報道。(一切の成果なく、事務官レベルの話し合いに終始) 

 

テレ朝、報道ステーション。 埼玉の山火事。 関東地方は雨降らず乾燥している。 後藤謙次はいらん!

 

テニスの大坂なおみ選手の肌を白く描いた、日清食品のアニメ広告が批判されている。 「まんぷく」のカップヌードル・日清食品は、大坂なおみ選手のスポンサー企業。 「ハーフ」という表現をする日本の人種差別的偏見として、国際的な事件となっている。

 

BSで、「まんぷく」夜の部。 ストレッチをして、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:44
-, -, - -
三連休明け

1月15日(火)

 

朝、8時半起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温3度の薄曇り下、バスで駅。 区間快速で、10時過ぎに神保町。 途中新宿駅で、乗務員の乗車が遅れているとの理由で10分近く停車。 たるんどる(怒!)

 

事務所内の寒さに閉口する。 暖房とストーブ、加湿器をつけ、ポットを沸かすも、この状態でフアックスが来ると、ブレーカーが飛ぶ。  メールのチェックと返信で、午前中が終わる。 

 

「まんぷく」昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダ+おにぎり一個で、昼食。 近所の『週刊金曜日』のIさんが来られる。 今日の夜、Hさんを励ます会の誘いもあったが、明日朝早いので断念する。

 

ネット上の情報を検索していると、あっという間に5時。 事務所を退出して、直行電車で駅。 気温7度、バスに乗って、6時半に帰宅。

 

NHK、ニュース7で、稀勢の里の三連敗を知る。 万事休す、もう引退しかない。 日本出身横綱にこだわった、相撲協会の犠牲者と言ってよい。 哀れで可哀想な稀勢の里。

 

狢臙呂硫“から取り寄せた、ギンダラの粕漬け、麦とろ、酢豚を、土鍋で炊いたご飯一杯の夕食。 アルコールなし四日目。

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率50%で、イマイチ眼力冴えず。 テレ朝、報道ステーション。 日産・ゴーン保釈申請却下について、ゲストに皸羝掬豕地検特捜部長を招き,“人質司法”の正当性を語らせるというとんでもない内容。 何を考えているのかと思う。

 

BSで、「まんぷく」夜の部を見て、12時前に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 07:24
-, -, - -
気温0度・寒波襲来!

1月10日(木)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 なんと気温0度。 寒風吹き下ろす曇天下、小型バスで駅。 準特急に座れたが、杖をつく年老いた女性に席を譲り(一日一善)、次の区間快速で、10時半に神保町。

 

娘の応援を得て、請求書の作成と会計実務。 大手出版社から、『最新 差別語 不快語』の直注文。 段ボール一箱梱包して発送。 有り難い! 

 

近所の編集プロダクションのKさんと打ち合わせをして、「ほっともっと」で弁当を購入。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、久しぶりにボリュームのあるノリ弁当で、昼食。 

 

午睡30分。 サンスポに、カラー写真付きで大きく、J1・神戸のイエニスタの黒人差別ツイッター事件が報じられている。 イエニスタは謝罪し釈明している。 ダウンタウンの浜田より抗議された意味をよく理解している。

 

頼まれて、原稿を読む。 5時まで読んで、本日打ち止め。 直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温3度、バスに乗り6時半に帰宅。 

 

刺身3点盛りと熱々の自家製肉じゃがで、シークヮーサー入り鉄瓶焼酎のお湯割り一杯の、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 トップニュースが、吉田沙保里の引退記者会見で、生出演。 次の参議院選挙に出る前宣伝かと勘繰る。 

 

テレ朝、報道ステーション、日テレ、ZEROも、冒頭から吉田沙保里で、生出演。 BSプレミアムで、「まんぷく」夜の部を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:09
-, -, - -
本格的仕事始め

1月7日(月)

 

朝、8時半起床。 野菜ジュースと“えごま油”入り青汁二袋。 腰と背中に張りを感じ、朝からチェアーマッサージ、10分。 気温6度、雲一つない晴天下、小型バスで、駅。 区間快速で、10時半に神保町。 

 

みずほ銀行隣接の宝くじ売り場で、当たりくじ交換。 1万5千円買って、7千5百円の、リターン率50%。 事務所内の寒さに閉口する。 温まるまで動けず、メールとツイッター、FBの点検。 

 

珍しく午前中に神保町の紙屋の馬友・Kさんが菓子折りを持って、今年もよろしく。こちらこそと返礼。 「まんぷく」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 

 

自民党の衆議院議員・平沢勝栄が、「LGBTばかりになったら国はつぶれる」と、杉田水脈並みの無知を晒した、差別煽動発言を日テレのニュース番組で行ったことを知る。 確か、自民党のヘイトスピーチ対策プロジェクトチームの座長ではなかったかと思う。 安倍晋三の家庭教師だった、偏差値「知性」の持ち主。

 

暖かくなって、身体が起動し来週行う研修のレジュメの本格作業。 ほぼ完成し、明日もう一度校正して、送信予定。 近所の雑誌出版社の副編集長・IさんとデザイナーのHさんが、 純米吟醸“上善如水”一本抱えて、新年の挨拶に見えられる。 

 

気が付けば、5時。 期待したほどではなかったが、新刊注文2件。 5時過ぎに事務所を退出し、直行電車で駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、気温7度、バスに乗り6時半に帰宅。 取りあえず、チェアーマッサージ、10分。

 

少々値が張った新鮮刺身の盛り合わせと豚肉の生姜焼きに千切りキャベツを添えて、シークヮーサー入り奄美黒糖酒の鉄瓶お湯割り一杯の、夕食。 

 

日テレで、「はじめてのおつかい」を少し見る。企画力が高い。 NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は群馬県那須塩原市で、ゲストは大河ドラマ「いだてん」出演の生田斗真。 良質のバラエティー番組。

 

テレ朝、報道ステーション〜BSプレミアムで「まんぷく」、夜の部。そのまま、高野孟さんも出ていた、アナザーヒストリー「M資金 旧日本軍の隠し財産?」再放送。 ストレッチをして、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:59
-, -, - -
仕事始め

1月4日(金)

 

朝、10時起床。 豆乳と“えごま油”入り青汁二袋。 気温7度の、雲一つない晴天下、バスに乗るのをやめにして、20分歩いて駅。 

 

陽射しが暖かく、かなり汗をかく。 区間快速で、12時前に神保町。  事務所内は気温8度で、異常な寒さ。 汗が引かないので、シャツを脱いで電気ストーブの前で干し、事務所にあったTシャツに着替えて、風邪を防ぐ。

 

「まんぷく」、昼の部を見ながら、熱々の太麺ほうとううどんで、昼食。 今月半ばに行う研修のレジュメ作りに精を出す。 ラフ原稿を作ったところで中断して、事務所に来ている年賀状を読む。 

 

メールの点検と、家では見れない、ツイッターやフェイスブックの閲覧。 重要な情報をたくさんプリントアウトするも、目がしょぼついて文字が良く見えにくい。  

 

6時半まで 書類整理などをして、今年の初仕事を終えて、事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、8時に帰宅し、NHKで「チコちゃんに叱られる」。 

 

紅酢蛸と鯛刺しとサイコロステーキに千切りキャベツを添えて、奄美黒糖酒のシークヮーサー入りお湯割り一杯で、夕食。 NHK、ファミリーヒストリー。 ゲストは宮藤官九郎。 なかなか面白い岩手の祖先。

 

BSプレミアムで「まんぷく」夜の部。 TBSで、ニュース23を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:49
-, -, - -