RSS | ATOM | SEARCH
三連休明けのゲリラ豪雨

9月18日(火)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、澄み切った爽やかな晴天下、バスで駅。 区間急行で、10時半に神保町。 

 

三連休明けの事務作業に追われる。 娘の応援を得て、来年度の常備寄託の最終的な段取りをしてもらう。 引越先のリホームの打ち合わせと、前金振り込みなど、何かと忙しい。

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで昼食。 来月の研修のレジュメ作り。 手書きではなく、パソコン入力しているので、いつもと調子が違い慎重になる。(常に画面が消える不安を抱えている) 

 

弓立社の在庫本を倉庫会社に発送する作業。 2時間かけて、段ボール9箱梱包して、大汗をかく。 佐川急便に電話するも、今日9箱の引き取りはキツイとのことで明日午後にするも、助っ人を呼んで4時半に引き取りに来てくれた。 さすが佐川急便!

 

夕方、昼間の雲一つなかった秋空が一転して、雨が降り始める。 油断していたら、6時過ぎから土砂降りの雨で、事務所から出られず。 

 

豪雨が大雨になったところで、7時過ぎに事務所を退出。 神保町駅出口に傘を持たない人々の群れ。 直行電車で、駅。 パルコフードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

玄関のドアを開けると同時に、突然の超ゲリラ豪雨に襲われる。 テレビの音も聞こえないぐらい。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだったが、招き猫はゲットできず。 志野焼の小さな香合に、本物と見極め100万円の値を付けるも、鑑定結果は驚きの500万円で不的中。 難しい。 

 

5割引きの高級刺身5点盛り+かっぱ巻き二本で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の夕食。 NHK、クローズアップ現代で、“縁切り死“。 香山リカさんのコメントも。 

 

民放各社のニュース〜BSで「半分、青い。」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:38
-, -, - -
新刊『被差別部落の真実』出足好調!

9月11日(火)

 

朝、9時半起床。 室温調整がうまくゆかず、寝不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、昨日より7度低い気温24度の曇天下、久しぶりに歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

新刊、『被差別部落の真実』(小早川明良著)の、有り難い直注文。 小さな段ボール二箱梱包して、計30冊発送。 事前注文も好調で期待が膨らむが、取次の不手際で書店店頭に並ぶのが月末になるのが痛い。

 

「半分、青い」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 朝日新聞もスポーツ二紙も、大坂なおみ選手の、全米オープン“日本勢初”快挙を賞賛する記事。 

 

寄稿文の直しを行うが、これがまた難しい。 具体的な事例を増やし、本文を縮小する作業に呻吟する。 6時過ぎに、寄稿文の校正作業を終え、行数が変わらない改正原稿を送信。

 

夕方、学生時代の後輩が来て、昨日亡くなった京都の知人を悼む話。 後輩は糖尿病に難儀しているという。 お互い60歳を越え、健康に留意して余生を送ることで、意見が一致。  

 

大手メディアからの、表現上の問題についての相談に応えて、本日打ち止め。 7時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 

 

2割引きの刺身3点盛りと定価のヒラメの板刺+カレーの具で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率80%でまずまずだったが、松尾芭蕉直筆の俳句画を、500万円と値付けするも、800万円との鑑定で招き猫ゲットできず。

 

テレ朝、報道ステーション〜民放各社のニュース。 障害者雇用水増し問題。 裁判所を含め中央省庁で4000人超。 もはや語るべき言葉を持たない。 

 

BSプレミアムで、「半分、青い。」、夜の部。 引き続き、「ジョン・万次郎」の数奇な運命を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:47
-, -, - -
白金・プラチナ通りの夜

8月29日(水)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、バスに乗り駅。 準特急〜区間急行で、 11時過ぎに神保町。 

 

今日は迷惑メールが1通も入っていない。 新聞三紙を読む。 中央官庁の障害者雇用数水増しの酷さに、憤りを通り越してあきれる。 民間と違い、官庁には罰則規定が適用されない。 障害者差別解消法は、あって無きが如しで、「生産性」で人を価値判断する、杉田水脈の思想と通ずるものがある。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。 思い立って、事務所内の資料と雑誌などを、断捨離。 引越で家の中がかなり片付いているので、事務所もと思い至ったもの。

 

4時半に、目黒にある紀伊國屋書店本部に行く。 新刊の販売促進と常備寄託を、旧知の担当役員Kさんにお願いする。 仕事の打ち合わせを済ませ、久しぶりに白金・プラチナ通りのフランス料理店“モレスク”で、Kさんとディナー。 

 

2次会は、お約束の隣のショットバー“カフェカルヴァ”に寄って、常連たちに挨拶。  勢いついて、鉄板焼き屋“甚六”。 Kさんと、梅田・紀伊國屋書店時代の昔話に花を咲かせる。 以後記憶なし。 多分3時頃には帰宅して寝たと思う。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:58
-, -, - -
神保町の濃い夜

8月10日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、再来襲の猛暑の中、来たバスに乗り駅。 特急〜鈍行〜区間急行で、11時過ぎに神保町。

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞社会面に、日本陸連の理事・瀬古利彦のセクハラ事件の記事が結構大きく載っている。 「不適切発言はあったがセクハラはしていない」とセクハラ行為を否定しているという。 支離滅裂! ならなぜ謝罪したのかと問うと、世間を騒がせたことに対してだという。 日本陸連は、破廉恥な瀬古を理事から外すべき。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、ざる蕎麦とおにぎり一個で、昼食。 コンビニ往復100Mがキツイ暑さ! 午睡30分。 寄稿文を読み直す。 あと400字ほど削減しなければならないが、気合が入らない。

 

6時に、講談社のKさんが見えられ、『最新 差別語 不快語』の増刷の折に、お世話になったお礼を言って、超久しぶりに近くの鮨屋“ひげ勘”でおもてなしの食事会。 

 

入った時に、著名作家が秘書の女性と静かに飲んでいたが、分からなかった。 Kさんと共通の趣味の競馬で俄然話が盛り上がる。  そこに近所の大手出版社のトップのHさんが来て挨拶。 さらに小学館『ポスト』のNが来て、今日の寿司屋の賑わいを知る。 なぜかHさんとNが名刺交換。 

 

“ひげ勘”のお客さんを全て見送り、大将の勧めもあって、Kさんと2次会を、古本屋・小宮山書店5F、“サロン書斎”。 カウンターで、美熟女のチーママとふくよかな女性に、歓待される。 お客さんが4Fのカラオケルームに移り、青森は狷酩”生まれの若い美しい女子に、狡天“との文化の違いを聞いて、驚き納得。 明日からお盆休みなので、最終電車までKさんと会話を楽しむ。 

 

終着駅ではタクシー乗り場に長蛇の列。 20分近く並んでワンメーターで、1時半に帰宅。  久しぶりの神保町の夜は濃かった。

 

 記憶鮮明で、3時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:44
-, -, - -
九段下の夜

8月6日(月)

 

朝、8時45分起床。 NHKをつけると、終わっているはずの「半分、青い。」朝の部が放送されていた。 そう、今日は広島原爆の日で、原爆が投下された時間、8時15分から黙祷などがあり、いつもの時間から遅れて放送されていたのだ。

 

有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、昨日よりは2〜3度気温の低い蒸し暑い曇天下、バスに乗り、駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。 

 

熱がこもり、蒸し風呂のような事務所を、エアコン気温20度の強にして冷やす。 印刷所から、『最新 差別語 不快語の』の増刷分の一部が届く。 

 

週明けの事務作業をこなして、「半分、青い。」、昼の部を見ながら、竹輪入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

新聞三紙を読む。 朝日新聞、スポーツ報知、サンケイスポーツとも、第100回・夏甲子園全国高校野球選手大会が一面トップ。  スポーツ紙は、開幕試合の始球式を務めた、松井秀喜のワンバンド投球。 松井曰く、「甲子園には魔物が住んでいる」。 

 

今日の第一試合は、高知商対山梨学院大付の壮絶な打撃戦。 5回満塁ホームランなどで一挙8点を入れ、6点差をひっくり返した山梨が勝つかと思ったが、古豪高知商が14対12で超打撃戦を制した。 

 

寄稿する原稿の朱入れと削減に、5時まで取り組む。 今日6時半から暑気払いをする、筑摩書房のMさんが来られしばし雑談。 一緒に九段下の居酒屋に行き、日経新聞の編集委員というより、今や皇室関連本も多く上梓している、新聞協会賞記者・Iさんと合流し、平凡社の新刊本を頂き、暑気払い。

 

皇室話題で無茶苦茶盛り上がり、神保町から地下鉄で、駅。 タクシーワンメーターで帰宅し、スポーツニュースを見て、気分良く1時過ぎに就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:10
-, -, - -
あまりの暑さに萎える

7月18日(水)

 

朝、9時半起床。 朝6時にトイレに起き、以後寝付けず睡眠不足気味。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、酷暑の中バスで駅。 区間急行で、11時半に神保町。 

 

娘の応援を得て、会計処理など。 新聞三紙を読む。 高校野球岡山県予選で、母校・岡山南が倉敷商(故・星野仙一氏の母校)に1対2で敗れたことを知る。 残念! スポーツ報知は倉敷商の勝利を大きく取り上げている。 岡山南のOBには、犠打世界一の川相がいる。

 

弓立社の小俣社長が来て、賑やか。 「半分、青い。」、昼の部。 キムラ緑子が本領を発揮してきて、大笑い。 冷やし肉味噌担々麺とおにぎり一個で、昼食。

 

エアコン調整が、あまりの暑さにうまくゆかない。 午睡30分、汗をかく。  くしゃみと鼻水は治まったが、動悸が止まらなく、調子が悪い。 

 

電車が混まない内にと、早め5時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 パルコ―フードセンターで買い物をして、バスに乗り7時に帰宅。

 

刺身の5点盛りと胡瓜とササミの胡麻和え+一昨日のビーフシチューで柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

NHKニュース7〜爐燭瓩靴謄ッテン“。 BS・テレ朝で、巨人vs阪神戦。 昨夜は9回裏、満塁逆転ホームランの危機を凌いだ。 8回の表、陽岱鋼のヒットで5対0。 巨人7連勝!

 

日テレ、犧L襪らべて見ました”。 この手のバラエティー番組は多いが、一頭地抜けている。  最近、何かと批判されている、爛ローズアップ現代“。 再犯性が高い「万引きと痴漢」犯罪。 万引きは、「クレプトマニア」という病気で、痴漢も「脅迫的性衝動症」という病気。 刑務所ではなく病院での治療対象。

 

テレ朝、報道ステーション〜TBS、ニュース23。 水害と熱波の被害状況。 BS・プレミアムで、「半分、青い。」、夜の部を見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:42
-, -, - -
三連休明けの猛暑

7月17日(火)

 

朝、9時半起床。 トイレにも起きず、9時間熟睡。 有機人参ジュースと青汁二袋。 顔を洗って、猛暑の中、バスで駅。 準特急〜区間急行で、 11時に神保町。

 

冷房を最強にして、窓を開け熱気一掃。 汗が引くのに1時間近くかかる。 三連休明けの事務仕事とメールなどのチェック。 「半分、青い。」昼の部を見ながら、とろろ冷やし蕎麦とおにぎり一個で、昼食。

 

神保町の馬友・Kさんが涼みにやって来て、先週の反省と今週のWIN5について熱く語り、暑さが増す。 新刊の著者から、最後の追加分がメールで送られてきて、編集作業終了。 明日デザイナーに渡す予定。

 

なぜかくしゃみと鼻水。 アレルギーは克服したし、風邪も引いていないが、エアコンによる体調異変かとも思うが、とにかく暑い。

 

15日の日曜日に、外国人観光客の多い、浅草・雷門前を通るヘイトデモが行われた。 カウンターの映像を見る限り、10数人のネトウヨ・ヘイトの輩に100名近いカウンターが猛暑の中抗議行動を展開。 警察の警備が酷い。 

 

翌16日にも、新橋駅のSL前でヘイト街宣が行われ、カウンターのメンバーが暴力を振るわれたにも関わらず、警察は放置したという。 ヘイトスピーチ対策法の実効性を高める闘いの重要性が増している。

 

新聞の切り抜きと、資料を読み込んで、6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 なぜか電車に乗ってから、くしゃみと鼻水が治まる。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。

 

イサキとヒラメの刺身+昨夜のビーフシチューで、梅干し入り焼酎のお湯割り三杯で、塩分補給の夕食。

 

BS・NHKで、巨人vs阪神。 球宴を挟んで巨人6連勝だが、高校野球レベルの阪神に勝っても、空しい。 9回裏満塁は、阪神ファンに対するサービス。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率90%だったが、招き猫的中せず残念! テレ朝、報道ステーション。 大雨災害+猛暑。 

 

BS・プレミアムで、「半分、青い。」、夜の部を見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:42
-, -, - -
新刊最終原稿校正終了

6月20日(水)

 

朝、9時起床。 有機トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、雨降る中バスで駅。 区間急行で、11時に神保町。 

 

腹が減ったので早めに,さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。 スポーツ新聞は、サッカーワールドカップ初戦勝利の歓喜で紙面が埋め尽くされている。 

 

「半分、青い。」、昼の部。 午睡30分。 冴えた頭で、新刊の原稿を読む。 4時半に読み終える。 後は著者と最終的な打ち合わせを行って、印刷所への入稿となる。 

 

今日の尾崎ゼミ、ヘーゲルの『歴史哲学講義 上』(岩波文庫)の予習。 7時からゼミ開始。 9時に終えて、アフターゼミ。 

 

11時過ぎにお開きにして、神保町駅。 鈍行〜準特急で駅。 初めて深夜バスに乗り(結構混んでいた)、12時半前に帰宅。 

 

NHK、Eテレで、“日本のゲイの歴史”を見る。 カルーセル・麻紀が歳をとっていたのに驚く。 75歳になるという。

 

くしゃみも鼻水も咳も止まり、アレルギー症状を自力で克服。 サッカー・ワールドカップを少し見て、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 10:08
-, -, - -
新刊、最終原稿読み開始

6月14日(木)

 

朝、9時半起床。 明け方咳で起こされ、寝不足気味。 有機リンゴジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温25度だが心地よい、薄曇りの下、歩いて駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

咳は出るが、カラ咳ではないので、苦しくはない。 鼻水とくしゃみは一回もなしで、克服。 しかし、咳のせいで、腰と横隔膜と背中の筋肉が固まっていて、チェアーマッサージでは、何ともならない。

 

7月末刊行予定の、新刊本の著者校正を終えた原稿読み。 これを読み終えて、印刷所に入稿することになる。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、超久しぶりにコンビニの、冷やし中華の大盛りで、昼食。 満足度60%とというところ。

 

新聞三紙を読む。 今日の深夜サッカーワールドカップがロシアで開催されるというが、全く盛り上がっていない。 開催国がロシアだからと、何にか意図的なものを感じないこともないが、監督交代などごたごたも響いていると思う。 

 

午睡30分。 原稿を読み進めているが、校閲的個所で時間をとられ、一向に進まず。 1871年(明治4年)「賤民廃止令」の、太政官布告が出されたが、同時に、穢多頭・弾座衛門配下の「雑種賤民」に適用されている。 その中に相撲取りが含まれており、名は「角觗者」と書かれている。 多分「カクシシャ」だろうと思うが、読み方が分からない。 

 

7時まで読み進めて、本日打ち止め。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、7時半に帰宅。 BS・日テレで、7回から巨人vsソフトバンク戦。 

 

昨日の負け方が今日に生き、6対4で勝ち、ルーキー・鍬原がうれしい初勝利。 お立ち台で、ウィニングボールは母親に送るという。 母子家庭であるなしに関わらず、父親は劇的かつ感動場面では、あまり登場しない。 確かに、初勝利のボールを父親に送りたいと聞けば、感動が今一つ薄れる。

 

ヒラメの刺身とハンバーグを焼き千切りキャベツを添えて、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 闇サイトで知り合った輩が犯した、看護師の女性殺害事件の詳報。 まだ理解不能。

 

NHKで、サッカーワールドカップ、ロシア大会開会式を見ながら、チェアーマッサージで、背中と肩を解す。 Eテレで、“バリバラ”、「低身長の世界」を見て笑い、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:24
-, -, - -
6月・水無月

6月1日(金)

 

朝、8時起床。 今日から6月・水無月。 「半分、青い。」、朝の部。 有機トマトジュースと青汁二袋。 

 

顔を洗って、気温25度、抜けるような青空の下、歩いて駅。 湿度が低いのか、汗かかず。 準特急〜区間快速で、10時前に神保町。

 

ブラックコーヒーを飲み、 冴えている頭で、『最新 差別語 不快語』の、誤字・脱字探し読みに集中する。 12時半に終了。 これで増刷時の訂正もほぼ完了。 

 

「半分、青い。」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 天気につられて、久しぶりに古本屋を渉猟。 買いたい本がなく、強い陽射しを全身に浴びて、日光浴。

 

今週は良く仕事に励んだと思う。 机上の書類を整理して、6時半に事務所を退出。 直行電車で駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時に帰宅。 

 

BS・テレ朝で、巨人vsオリックス戦。 逆転勝利。 エース菅野は耐えて、6勝目。 2割引きの刺身5点盛りとピザを焼いて、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 日大アメフト問題〜テレ朝、報道ステーション。 米朝トップ会談の行方。  

 

遅い民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:54
-, -, - -