RSS | ATOM | SEARCH
神保町で、可愛らしい子どもたちのハロウィン

10月31日(火)

 

朝、8時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 顔を洗って、薄曇りの、気温14度の中、歩いて、駅。 区間急行で、10時半前に神保町。

 

来週行う研修会のレジュメの、最終検討をして、担当者に送信。 引き続き、今週行う研修会のレジュメとパワーポイントに、コメントを書き込む作業。 「わろてんか」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。

 

新聞三紙を読む。 スポーツ報知は、さすが、我らが巨人のエース・菅野投手の沢村賞受賞が、一面を飾る。 比べて、サンケイスポーツは三面、一面は日本シリーズ、DeNAの筒香選手。 個性が出ていて面白い。

 

朝日新聞は、切り抜きをした“耕論”の「リベラルを問い直す」など、読ませる記事が多い。 山口二郎さんの、「保守の護憲派含め再編を」は、今後の政界の在り方を問う、示唆に富んだ意見。

 

フジTVのニュースで、民進党の有田芳生参議院議員に対し、ヘイトスピーチを繰り返している排外主義者の男が、インターネット上の脅迫罪容疑で書類送検されたことを知る。 反動テロが身近になりつつある。

 

今週の研修会の、事前質問に対する回答を準備していたら、事務所前の、“覆面ラーメン”に、ハロウィンの、可愛らしい格好をした、保育園児と小学校低学年の子ども達30人近くが、、保育士や先生と親たち(半数はハロウィン衣装)と一緒に街を練り歩きながら訪れ、店の覆面をした大将と記念撮影をして、お菓子をもらっていた。 なかなか好感度が高い風景。 と言っても、覆面ラーメンは、毎日がハロウィン。

 

事前質問に対する回答、というより考え方について思考をめぐらす。 「レイシャルハラスメント」なる言葉を知る。 今盛んに使われ始めているらしいが、レイシズムは人種差別と明確に表現すべきだろうと思う。 

 

7時まで、気合を入れて回答を書き、本日打ち止め。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 バッテラと巻きずし+赤出汁で、夕食。 アルコールなし、三日目。 寿司に関しては、フードマーケットの方が美味い。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率60%で、今一つ。 テレ朝、報道ステーション。 神奈川県座間市の9人殺害事件。 異常というほかない凄惨な事件。 

 

日テレ、ニュースZEROを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:58
-, -, - -
台風一過、神田神保町の古本まつり

10月30日(月)

 

朝、8時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温18度、台風一過の秋晴れの下、歩いて駅。 区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

朝一で電話があった、三井住友銀行神保町支店に寄り、ミスに恐縮する行員さんに、所定の手続きを行う。 天気が良いので、陽当たりを歩くのも悪くない。 

 

その足で、古本市で賑わう靖国通りを脇に抜けて、2割引きのセール中の文房具店に寄る。 途中で、お付きの若い人と歩いている、寺島実郎さんとすれ違う。 杖を突いていたが、元気そう。

 

応援に来ている娘に、月末支払いなど、経理作業を頼む。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

来週行う研修のレジュメに、最後の朱入れをしていると、担当者から電話があり、研修参加者が増えたので、拙著『最新 差別語 不快語』の追加本を取りに来るとのこと。 30分後、事務所に来られた担当者の方と、熱い緑茶を飲みながら、四方山話。 

 

明るい内にと思い、神保町の風物詩・神田古本祭りを見に行く。 竹田青嗣著『完全解読 カント『純粋理性批判』』と上田正昭著『日本古代史をいかに学ぶか』の二冊を購入。 〆て1000円! 1時間ばかり渉猟して回ったが、空っ風=木枯らし1号が強くなり鼻水が出てきたので、やむなく半分ほど見たところで事務所に戻る。 

 

6時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で牛肉と安売りメロンを買い、バスに乗り、7時半に帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、青森県黒石市で、ゲストは女子重量挙げのメダリスト、三宅宏実選手。 牛肉と子玉葱を追加した、カレーライスで、夕食。 アルコールなし、二日目。 デザートに、角切りメロン。 美味い! 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 東北・北海道の一部地域では雪が降り、積もっていた。 秋ではなく、すでに初冬。 

 

テレ朝、報道ステーション。 国会での野党の質問時間削減問題。 今なぜなのか、つまり、「森友学園」「加計学園」疑惑に対する、野党からの質問攻めを避ける意図があることは明明白白なのに、一切触れず。 

 

しかもコメンテーターの後藤は、45%の投票率で、議席の75%を自民党が占めていると、不当性を過小評価するトリック。 今日の朝日新聞夕刊、狒芭鎧“で「全有権者の25%の票で75%の議席を得る」と批判しているにもかかわらずだ。 テレ朝は、朝日新聞の関連報道機関ではないのか。 政治的詐欺師・後藤謙次を即刻辞めさせるべき。

 

民放各社の、ニュース&スポーツ、とくに、TBSの、NHK女性記者過労死問題は、重要な調査報道。 12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:53
-, -, - -
気合の入った、一日

10月27日(金)

 

朝、9時半起床。 成城石井で買った、濃厚トマトジュースと青汁二袋。 

 

シャワーを浴びて、気温18度の、昨日同様に爽やかな秋空の下、気分好く歩き、汗ばんで駅。 準特急〜区間急行で、11時半に神保町。

 

来月の初旬に行う、もう一つの研修会のレジュメ作りに本格的に取り組む。 「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 

 

午睡もせずに、レジュメ作り。 業種は似ているが、研修の対象者が少し違うので、受講者に合わせた内容にすべく、孤軍奮闘。

 

ここのところ連続して、研修のレジュメを作っているが、行を詰めたり、文字数を削ったりと様々な作業を行っていて、文章の冗長さに、今さらながら反省する。 特に差別語・差別表現・ヘイトスピーチについての話をするのだから、言葉からよけいなものを剥ぎ取って、簡潔に表現するよう努める。

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省と今週の展望。 先週は大雨台風と総選挙で、ほとんど落ち着いて競馬に取り組めなかった。 今週は、府中競馬場で秋・天皇賞がある。 なんとか雨が降らずに、良馬場で行われることを願うが、無理のよう。

 

7時半まで、根を詰めてレジュメ作りして、9割方完成させ、本日打ち止め。 今日は、何か気合が乗って、充実した一日だった。 

 

直行電車で、駅。 成城石井で高いが質の良いものを買って、バスに乗り、9時に帰宅。 2割引きの、美味しい刺身5点盛りとワカメ、自家製チヂミで、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 民進党と希望の党の、議員集会。 前原も小池も往生際が悪い。 さっさと辞め、政治の世界から去るべき、アホ検事の若狭のように! 

 

遅い民放各社のニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:35
-, -, - -
尾崎ゼミ、「私は考える、ゆえに私はある」

10月26日(木)

 

朝、8時半起床。 カーテンから射し込んできた、陽の光で目が覚める。 まれにみる晴天。 有機人参ジュースと青汁二袋。 

 

シャワーを浴びて、真っ青な大空から注ぐ陽光を浴びて、気分好く気温15度の中、歩いて駅。 区間快速〜準特急〜区間急行で、10時半に神保町。 

 

今日の尾崎ゼミ、『方法序説』の予習。 今日はデカルトのもっとも有名な、第四部[形而上学の基礎]、亜峪笋蝋佑┐襦△罎┐忙笋呂△襦廖

 

「わろてんか」昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 新聞三紙を読む。スポーツ紙は、今日のプロ野球ドラフトで紙面が埋め尽くされている。 午睡30分。

 

雑誌も含め、総選挙について論評した意見に目を通す。 数は少ないが、野党第一党の、立憲民主党に大きな期待が集まっていることがわかる。 それに比べ、“希望の党”は、日本維新の会と同じく、早晩国民から見放され消えていく運命にある。

 

『方法序説』の、第四部の解説を読んで、7時からゼミ開始。 「コギト・エルゴ・スム」(私は考える、ゆえに私はある)のラテン語。 「私の思惟行為とその行為主体とは存在論的に切り離せない」、「考えるためには存在しなければならない」。

 

9時過ぎに終えて、アフターゼミ。 衆議院選挙結果を受けて、話題に花が咲く。 持ち寄ったつまみとお酒を飲み干し、11時過ぎにお開き。 

 

来月早々、牋貎半紊療垤“で、お店を締めるとのハガキをもらった、神保町唯一の文壇バー狄ぢ”にゼミ生と寄るも、超満員で入れず。 やむなく、鈍行〜特急を乗り継いで、駅。 気温11度の寒い中、タクシー基本料金で、12時半に帰宅。

 

テレビを付けて、『週刊文春』を読み、2時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:56
-, -, - -
気合が入らない、一日

10月24日(火)

 

朝、11時起床。 爆睡! ゆっくり風呂につかり、「わろてんか」昼の部を見て、バスで駅。 準特急〜区間急行で、2時に神保町。

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 近所の出版社の知人がやってきて、ひとしきり総選挙の話と、今後の政治的課題について、意見交換。 伊藤詩織さんの、『Black Box』(文藝春秋)を見て、是非読みたいと持ってゆく。 今度伊藤詩織さんの、レイプ事件を取り上げるという。

 

新聞三紙を読む。 自民党が大勝した背後にある、選挙テクニックのマジック。 野党統一候補が実現していれば、単純計算で自民党は50議席失うとの記事を読み、歯ぎしりするも、与えられた状況下で、闘うしかない。

 

7時過ぎに、事務所を退出。 直行電車で、駅。 成城石井で買い物をして、バスに乗り8時半に帰宅。 テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率50%で、直感力冴えず。

 

2割引きの刺身の盛り合わせ。 さすが成城石井という味に満足。 にんにく入り、豚ともやし炒めで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。

 

テレ朝、報道ステーション。 台風22号が発生し、週末列島を襲うとのこと。 また重馬場かと、気も重い。 反差別カウンターの若い衆との、ラインのやり取りで元気をもらう。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、1時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 08:55
-, -, - -
三連休明け、再び受信メールの不具合受難

10月10日(火)

 

朝、8時起床。 「わろてんか」、朝の部。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温24度の晴天下、半袖で歩いて、駅。 区間急行で、10時半前に、神保町。 

 

有り難い直注文、段ボール一箱梱包して、発送。 一息入れてパソコンのメール受信を見ると、三連休明けにもかかわらず、迷惑メールを含め、異常に受信数が少ないことに気付く。 今日・10日分はすべて受信しているが、先週の金曜日夜から、月曜までの受信メールが全くないことが判明。 

 

さつま揚げ入り自家製野菜サラダで、昼食。 1時前に、F社の総務の方々が来られ、差別・人権研修の日程の最終確認と、研修内容の打ち合わせ。 

 

2時過ぎに終えて、入れ替わりに神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週の反省、というか嘆き節でお互いをいたわる。 貴重なデーター資料をコピーさせてもらい、今週のG機秋華賞とWIN5の話。  

 

3時過ぎから、再びパソコンのメール受信・受難問題に、四苦八苦。 リコーの技術者に連絡を取り、事の次第を報告し、対処を求める。 電話で指示を受けながら、修復に必死に取り組む。 メールのコピー保存期間の設定問題だという。 消えた受信メールは諦めるしかないとのこと。 

 

IT機器に振り回されて、疲労困憊。 救いは弓立社の新刊『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』(大野益通著)の、注文が好調なこと。 電話とファックスを合わせ、十数件あった。 書店からの、平積み用追加注文もあり、なかなかの売れ行き。 そして、小社の新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の、インタビュー記事が、12日の「夕刊フジ」に載ることになったこと。 

 

6時半に事務所を退出。 直行電車で、駅。 駅前で、自民党候補者の演説会。 結構聴衆がいて驚くが、石破と丸山珠代目当てだと分かる。 成城石井で、少し高級な1割引きの刺身の盛り合わせを買って、バスに乗り8時に帰宅。

 

NHKは、各党党首の政権放送。 美味しい刺身の盛り合わせと、ブリの照り焼きなどで、柚子入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。 NHK、ニュースウォッチ9。 コメントすべき内容はない。 テレ朝、報道ステーション。 同じくコメントすべき内容はない。 

 

民放各社の、ニュース&スポーツを少し見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:08
-, -, - -
曇天のブルーマンデー

9月4日(月)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温22度の、肌寒い曇天下、半袖で歩いて駅。 区間快速電車〜準特急〜区間急行で、11時前に神保町。 

 

週明けの 受信ホルダーに、700通近い迷惑メール。 駆除でなく単純削除。 それでも無用な時間を費やし、怒! 

 

昼食のタイミングを逸し、「ひょっこ」昼の部を見て、1時に、三井住友銀行神保町支店。 ややこしい手続きに、1時間半近くかかる。 半袖では寒い、神保町のブルーマンデー。 

 

神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、4000万円超えのWIN5を、またしても4勝1敗で、逃したと、歯軋り。 慰めて、政治の話。 3時半に、やっと薩摩揚入り自家製野菜サラダで、遅い昼食。

 

ある裁判の訴状を読ませてもらう。 異常としか言いようがない告訴内容だが、受理した裁判所も裁判所だと思う。 

 

注文電話は数件あったものの、何故か気疲れしたので、早め6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、7時半に帰宅。 

 

「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、香川県東かがわ市という、聞いたこともないところ。 ゲストは、注目若手俳優の門脇麦さん。 NHK、あさのテレビ小説“まれ”で、好演した。(小野文恵アナが、門脇麦さんを、“女優”と紹介。 今までは、男女を問わず“俳優”と表現していた。何かあったのかと思う)

 

5割引きのマグロの刺身とスズキの板、自家製豚肉と鶏肉のシチューで、柚子入り焼酎の水割り二杯の、夕食。 

 

NHK、ニュースウォッチ9。 北朝鮮の地下核実験について。 金王朝に対する批判が、在日コリアンに対する迫害を引き起こさないよう、意識して報道すべき。

 

NHK、Eテレで、「100分de名著、ハンナ・アーレント 全体主義の起源」。 今一つ突っ込みが浅い気がするが、次回に期待したい。

 

民放各社の、ニュース&スポーツを見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:21
-, -, - -
残暑厳しき週明け

8月28日(月)

 

朝、8時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、気温27度、薄曇りの下、歩いて駅。 区間快速〜準特急〜区間急行で、10時半過ぎに神保町。

 

蒸し暑い中、 郵便局〜銀行で入出金、コンビニでの支払など、神保町交差点界隈を歩く。 弓立社の新刊の、新聞広告などの段取りを手伝う。 「ひょっこ」、昼の部を見ながら、さつま揚げ入り自家製野菜サラダでとおにぎり一個で、昼食。

 

メールなどの確認を終え、ネット情報を検索していると、神保町の紙屋の馬友・Kさんがやってきて、先週に引き続き、またしても、800万超えのWIN5を、4勝1敗で取り逃がしたと、地団駄。 3連単、600万円を超えたレースの詳細な解説を聞く。 負けた(不的中)レースに対する、原因究明の真摯な姿に、求道者の影を見る。

 

朝から、エアコンは25度全開に設定しているが、日当たりがよく、一日中そのまま。 ヤフーのネットニュースで、フジ、ユアタイムのMC・市川紗椰のプライベート情報を知り、複雑な心境。

 

仕事のテンションが下がったので、早め、6時に事務所を退出。 直行電車で、駅。 フードマーケットで買い物をして、バスに乗り8時前に、帰宅。 

 

NHKで、「鶴瓶の家族に乾杯」。 訪問先は、北海道石狩市で、ゲストは“ゲゲゲの女房”松下奈緒さん。 打ち合わせなく、その場の雰囲気で、即興でピアノを弾く、奈緒さん。 泣いていた赤ん坊全員が泣き止む。

 

厚焼き玉子、2割引きの刺身3点盛り、胡瓜とササミの胡麻和え+豚肉と春雨の炒め物で、柚子入り焼酎のお湯割り二杯で、夕食。

 

NHK、ニューウォッチ9。 売れてない、週刊誌レベルの報道内容に、桑子キャスターが可哀そう。 テレ朝、報道ステーション。 冒頭、バドミントン、奥原希望の熱戦で引き付ける。 後は、神戸市議の架空領収書での辞任事件。 そして、アメリカ音楽会のショーにおける、マイケル・ジャクソンの娘さんなどの、反人種主義発言は、なかなか迫力がある。 NHKとはえらい違いだが、コメンテーター後藤謙次が、それを台無しにしている。

 

民放各社の、ニュース。 新刊、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』(竹中功著)の中でも紹介している、「犯罪加害者の会」の、阿部恭子さんに取材。 「犯罪被害者の会」の活動はよく知られているが、「加害者の会」の活動はあまり知られていない。 

 

フジ、ユアタイムで、少し元気のない市川紗椰を見て、寝ようと思うも、BS、日本映画専門チャンネルで、塚本晋也監督兼主演の、「野火」(大岡昇平原作)を少し見て、1時半に就寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:24
-, -, - -
調布で、暑気払い

8月25日(金)

 

朝、9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 NHK、“あさイチ”のゲストが、指原莉乃だったので、しばし鑑賞。 シャワーを浴びて、連日の猛暑の中、バスで駅。 区間急行で、11時過ぎに神保町。

 

娘が応援に来て、各取り次ぎ書店の常備委託の段取り。 書店数は例年と同じ。 「ひよっこ」、昼の部を見ながら、ウィンナーソーセージ入り自家製野菜サラダとおにぎり一個で、昼食。

 

午睡30分。 朝から心臓の動機(不整脈?)で、調子が今一つ。 身体が固まっている感じがして、柔軟体操でほぐす。 

 

明日(26日)2時から、虎ノ門のミツヤ虎ノ門ビル3Fで開かれる、「添田充啓さん裁判闘争」に行く段取り。 添田さんは、昨年沖縄高江のヘリパット基地建設反対運動の最中に、山城博治さんと一緒に微罪で逮捕され、半年間も違法に勾留されていた。 今年の4月下旬に釈放され、現在裁判闘争中だが、その経過報告を含めて、沖縄の基地反対闘争の支援を訴える集会。

 

5時半に事務所を退出。 直行電車で、調布駅。 6時半に、駅そばの牛タン串焼きの、“い志井”で、光文社のTさん、Fさんと懇親会。 残暑厳しき折、というより夏本番、盛夏の暑気払いは、、まずはビールに限る。 しかし、牛タンの美味しさは本物! 

 

高須クリニックの医院長・高須克弥の差別発言など、いろいろ芋焼酎を飲みながら、意見交換。

 

11時前にお開きにして、タクシーで帰宅。即寝。

author:小林 健治, category:にんげん出版, 11:19
-, -, - -
お盆休み、最終日

8月15日(火)

 

朝、8時前に起きるも、「ひょっこ」朝の部を見て、甲子園大会が雨で順延になったことを知り、二度寝し、10時半起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。

 

今日は、72年目の敗戦記念日。 全国戦没者追悼式。 官僚の書いた、内容の無い式辞を読み上げる、安倍晋三。 天皇陛下の“おことば”もかなり官僚によって表現が抑えられた気がする。 

 

15日連続の雨という、梅雨本番のような天気に、お盆気分も萎える。 小雨降る中、産地直産市場前の、湧き水汲み、4ℓボトル×2本。 市場で新鮮野菜などを買って、雨脚が強くなりずぶ濡れで、帰宅。

 

自家製きつねうどんで、昼食。 なすことなく、部屋の大掃除に着手。 カーペットを踏む足の裏の感触が、心地よい。 

 

ビデオに録っていた、映画ヘラクレス(駄作)などを見て、午睡。 植物公園に出かけようと思うも、また雨脚強くなり諦める。

 

NHKと民放のニュースが、アメリカ・バージニアで起こった、人種差別主義者の集会に抗議して死亡した女性と負傷者に対する、トランプの態度に怒り、デモが全米で繰り広げられている。 トランプ自身が、レイシストで白人至上主義者なのだから、何ともならない。 人種差別と排外主義は、社会を崩壊させ、個人を破壊する。

 

早め、6時に夕食。 大玉葱のような茄子の味噌焼き、隣の精肉店で仕入れた、豚ロース2枚で、梅干し入り焼酎のお湯割り二杯。

 

8時から、ボクシングバンタム級のチャンピオン、山中慎介の13回目の防衛戦。 いいとこなしの、TKO負け。 引退の時期は難しい。 

 

テレ東で、「開運!なんでも鑑定団」。 真贋見分け率60%で、今一つ。 テレ朝、報道ステーション。 アメリカの、人種差別の深刻さと、それに抗議する行動をきちっと報道。

 

民放各社の、ニュースを見て、12時に就寝。  

author:小林 健治, category:にんげん出版, 09:23
-, -, - -