RSS | ATOM | SEARCH
参議院選挙投票日、前日

7月9日(土)

 

朝9時起床。 有機人参ジュースと青汁二袋。 外は小雨が降っており、寝具干せず。 整髪し風呂に入り、「とと姉ちゃん」、一週間分。 ブドウパンと淹れたてコーヒーで、昼食。 

 

11時半に、バスで駅。 1時半から、東大島文化センターで行われる、植民地文化学会の“フォーラム「三たび・内なる植民地」”の会に、参加。 主宰者の恩師・西田勝先生と42年ぶりの邂逅を果たす。

 

第一テーマ、「非正規労働―「同一労働同一賃金」の実現に向けて」(酒井和子さん)に続いて、「部落」について、「部落差別の歴史と現況」と題して、問題提起。 第三テーマは「ジェンダー―戦時性暴力から軍慰安婦まで」(西成彦さん)、第四テーマは「少数民族―台湾の場合」(通訳付きで、台湾の海洋原住民、シャマン・ラポガンさん)。

 

雨中かつ参議院選投票日前日という忙しさにもかかわらず、参加者の熱心な眼差しに圧倒される。 朴裕河著、『帝国の慰安婦』についての論争の中身と意味がやっと分かった。 

 

全テーマと質疑応答終了後、7時から通勤電車の終点・本八幡の中華料理店で催された懇親会に参加。 法政で、お互い記憶は残っていないが同級生で、同じ西田ゼミ生だった、“妙齢”の女性と昔話。 

 

西田勝先生の、軽妙洒脱な挨拶と不肖の教え子に対する心のこもった、エピソード披露に、冷や汗と爆笑。 西田先生に案内されて、懇親会場側の京成線を渡った所にある、永井荷風行きつけのトンカツ屋と縁の人が住んでいる実家を拝見。 門構えと松の木は、当時のままで趣がある。 

 

JRで帰るという、先生に見送られて、都営新宿線・本八幡。 最新携帯スマホのlineに、有田芳生選挙を頑張ったカウンターのメンバーと香山リカさんが、新宿に結集して慰労会を開いていることを知り、神保町で途中下車しトイレに寄って、駆けつける。  香山さんから、都知事選について興味深い話を聞く。

 

夜中、3時過ぎまで痛飲し、帰宅方向が一緒の、組長と組員に同乗し、タクシーで家路に着く。 三日間もアルコールなしだったので、まだ飲み足りず、家で焼酎の水割り二杯を呷る。 

 

窓外が白くなってきた頃に就寝。 

author:小林 健治, category:お酒, 11:45
-, -, - -
バスに揺られて、3時間
5月14日(土)

朝、7時過ぎに、新宿から京王特急に乗って最寄駅に着き、吉祥寺行・小田急バスに乗ったまでは順調だったが寝てしまい、終点吉祥寺で起こされる。 逆コースの小田急バスに乗り、また寝て終点まで。 そしてまた、終点吉祥寺。

次は乗り場を間違え、吉祥寺〜吉祥寺を、1時間弱。 帰宅したのは、11時前。 即寝、爆睡! 人生の、残り少ない持ち時間を浪費し、恥ずかしながら、自己責任。 

楽しい宴から明け方までの記憶は、しっかりある。 有田芳生さんから、いたわりのメールを頂く。 申し訳ない。

3時に、ソフトバンクの技術者が来て、インターネットの環境を整えてくれる。 やっと本格的発信の段取りができる。

夕方、近くの産地直売の市場で、夕食の買い物と、無料の自然水を2ℓボトルに注入し、黄昏の一級河川“のがわ”の川縁を歩き、粋な酒屋に寄って、芋焼酎の“紫優”を購入して、帰宅。

TBS、報道特集。 「ヘイトスピーチ対策法」参議院可決を受けての、タイムリーな特集。 しっかりした内容で、良し!

新鮮なキャベツとメンチカツ、うの花煮をつまみに、梅干し入り焼酎の水割り、3杯。 豚肉入り自家製焼きそばで、夕食を締める。

なんと、転寝2時間。  「とと姉ちゃん」、夜の部。 明日の中央競馬、ビクトリアマイルの検討。 

一番人気の、5枠10番・ミッキークイーンで固い。 落馬負傷明けの、浜中騎手に、一抹の不安がある。 対抗は、7枠15番・ショウナンパンドラ。 2時に、就寝。
author:小林 健治, category:お酒, 10:53
-, -, - -
孫娘
4月30日(土)

朝、8時半起床。 トマトジュースと明日葉ジュース、各一杯。 昨日の散歩のおかげか、熟睡。

午後、娘・孫娘と息子夫婦たちが来るので、部屋の片付け。 コンビニのざる蕎麦に、焼き豚を入れて、昼食。 

早めに来た、娘と小学校四年生の孫娘を迎えに駅。 フードセンターで、食料を買って、新居に歓迎。

3時過ぎに、息子夫婦も合流して、孫娘と武蔵野の自然を散策。 1mはある鯉が、底の浅い川に群棲していることに、驚く。

楽しい時を過ごし、駅前のシッピングセンターにある、中華料理店で、一家で晩餐会。 半蔵門の中華料理店には及ばないが、そこそこいける味。

女の店員さんが、焼酎の注文を、一杯と一本を間違え、やむなく四合瓶を飲む羽目に陥る。 飲まない息子夫婦を前に、飲む娘と痛飲。 

反抗期か、あまり相手をしてくれない孫娘と息子夫婦を見送って、小田急バスで、10時に帰宅。 即寝。
author:小林 健治, category:お酒, 10:33
-, -, - -
旗開き
 

18日(金)

 

朝、9時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、雲一つない冬の青空の下、10時半に神保町。

 

ウェブ連載、「差別表現」の原稿書き。 「あさが来た」、昼の部。 番頭が頑張って、お冬とめでたく式を挙げる段取り。 なかなか迫力と笑いががあっていい。 野菜サラダとかけ蕎麦で、昼食。 しかし、味気ない。


某週刊誌の編集者が来社。 ディープな話で、熱が入る。 部落解放運動の話。 一息ついたところへ、神保町の馬友・Kさんが菓子折りを持って、来社。


暮れの有馬記念、新春の金杯と高配当を的中させた、その極意を出版しないかと持ちかけられている、“必勝法”をノートに書いて、伝授してもらう。

 

再来週行う研修の、レジュメ作成作業。 ここ数年、年明け一番の研修会だけに気合を入れて、レジュメ作り。 ウエブ連載、「差別表現」の原稿をアップして、5時半に事務所を退出。

 

6時に、大井町で開かれる、部落解放同盟品川支部の旗開き。 東京都連の委員長に挨拶。 恒例の、芝浦屠場労組からの差し入れ、煮込みと熊本の生きのいい馬刺しで、ビール+樽酒。


出版関係者と、二次会を近場の居酒屋。 3次会を電車に乗って、品川から白金の”カフェカルヴァ”に、テレ朝の、H氏と。 


勢いついて、新年の挨拶に、“甚六”。 名物のたこ焼きを食し、大将にいじってもらい満足。


多分、2時前には、帰宅して寝たと思う。 Hさんお疲れ様でした、今年もよろしく!

author:小林 健治, category:お酒, 12:32
-, -, - -
お正月
 

201611()

 

朝、10時起床。 雲一つない晴天の元旦に、布団干し。

 

午後に、息子夫婦と娘と孫が来る。 小学3年生の、孫娘の成長が著しい。 紅酢蛸をつまみに、大吟醸・福小町。 岡山の同胞たちに、新年の挨拶電話。

 

暖かく楽しい時を過ごし、知らぬ間に寝てしまう。 気が付いたら、12時でそのまま寝ることにする。 文字通り、寝正月。

author:小林 健治, category:お酒, 10:27
-, -, - -
2015年・大晦日
 

1231()

 

朝、10時起床。 大晦日にふさわしい、たおやかな天気。 トマトジュースと青汁二袋。 「あさが来た」、びっくりポン特番。 焼餅3個と、気付に柚子入り焼酎の水割り一杯で、昼食。

 

12時に、ドンキホーテで雑貨を買い、主目的の中級スーパー“稲毛屋”で、天然ブリとほうれん草。 明日の岡山風お雑煮の段取り。 今日の夕食用に、仙台の高級和牛のステーキ+天然フグ刺し。 昨日の、大井競馬に感謝。 年の瀬の風物詩、蕎麦屋“利庵”は長蛇の列。 

 

2時から、窓を全開にして、「マッサン」のスピンオフを見聴きしながら、大掃除開始。 誇りは持っても、埃は溜めるな、という俚諺があるかないか知らないが、部屋の隅は埃満載。

 

4時に、年末恒例大掃除闘争終了。 綺麗になった部屋に、心の霧も晴れる。 暮れなずむ西方浄土に、今年の反省と来年の希望を想う。 


NHK・紅白歌合戦。 フグとテキをつまみに、梅干し入り焼酎のお湯割りで、極楽。


除夜の鐘を聴く前に、沈没。

 

author:小林 健治, category:お酒, 10:25
-, -, - -
気温19度の師走
 

1216日(水)

 

朝、815分、寝床の中から、「あさが来た」朝の部。 トマトジュースと青汁二袋。 ヘアーカットし、シャワーを浴び、11月初旬の暖かさの中、10時に神保町。

 

追加注文のファックスを打ち込み、年賀状の、コメントを少し書いて、11時半に、麹町の三菱東京UFJ銀行。 約束手形を持ち込み、預かってもらうが、現金化は2か月先。 簿記1級半だが、小切手と手形の区別もおぼつかなくなっていた。

 

「あさが来た」、昼の部を見て、根菜サラダと冷やしたぬききそばで、昼食。 師走も半ばになって、冷やしたぬきを食べるとは思わなかった。 ヤフーの画面は、外気温19度を示している。

 

神保町の、紙屋の馬友・Kさんが来て、先週の反省と今週の展望。 2歳牡馬のG1・阪神朝日杯は、ムーア騎手が騎乗できるかどうかが、鍵。 三連単10万馬券必勝法を伝授してもらう、今週試してみる予定。

 

弓立社の、小俣一平社長が来られ、にぎやかな時を過ごす。 4時過ぎに、やっと年賀状のコメント書きを、再開。 5時まで書いて、本日打ち止め。

 

6時に、麻布十番にある、イタリア料理店で、文藝春秋社の北川景子の継母もどきのK嬢と坂本龍一似のTBS・Kさんと、忘年会を兼ねた、懇親会。 


久しぶりの美味しいイタリアンに、感激! TBSのKさんと、お約束の白金“カフェカルヴァ”。 記憶はこの辺で途切れている。 多分、1時前には帰宅して、寝たと思う。

 

 

author:小林 健治, category:お酒, 11:13
-, -, - -
37・7度の猛暑
 

87()

 

朝、8時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、灼熱の下、10時に神保町。

 

部屋の熱気が壁に浸み込んでいて、なかなか涼しくならない中、ウェブ連載「差別表現」の原稿に手を入れる。 こちら特報部に、「人種差別撤廃施策推進法」が取り上げられているというので、東京新聞を買ってきて読む。 

 

見出しに「『ヘイトスピーチ』対策本格審議入り」とある。 法案提出の大きな動機にヘイトスピーチがあることは確かだが、この理念法(宣言法)の目的は、有田芳生議員が述べているように、1995年に批准し加入した、人種差別撤廃条約に基づいて、差別禁止の国内法を整備し、包括的な差別禁止法の必要性を強調するところに、主眼がある。 

 

しかし、今まで見てきた記事の中では、一番よく現状を理解しているといえる。 さすがは、東京新聞特報部!

 

「まれ」、昼の部を見ながら、ゴーヤツナ野菜サラダとなめこキノコおろし蕎麦で、昼食。 午睡30分。 ウェブ連載「差別表現」の原稿をアップ。 テーマは、「スポーツと人種差別」。

 

暑い! 歩いて50mちょっとのコンビニを往復しても、息苦しい。 都心の気温は、今期最高の、377度。 あまり記憶にない暑さだ。 近所の出版社のKさんが来て、カラー印刷のお手伝い。 コピー機をフル回転させると、熱気で暑さもひとしお。

 

そのKさんから、軽くビールで喉を潤そうと誘われ、近場の焼き鳥店で、生ビールと焼酎の水割り。 


地下鉄に乗り“カフェカルヴァ”。 常連と戯れ、初めて来たという若い衆と、“モレスク”。 いつものパターンで、“甚六”に寄って、帰宅。 即寝。

 

author:小林 健治, category:お酒, 11:08
-, -, - -
「竹鶴17年」世界最高賞
 

321()

 

7時半、寝床の中から、「マッサン」早朝の部。 トマトジュースと青汁二袋。 「マッサン」、朝の部。 今朝のサンスポに、ニッカヰスキーの「竹鶴17年」がワールド・ウイスキー・アワードの、ブレンデッドモルト部門で、2年連続世界最高賞に輝いたことを、大きく取り上げている。 「マッサン」、ラストウィークを盛り上げてくれる。

 

学生時代、サントリーのレッドの大瓶ばかり飲んで、いつも悪酔いしていた。 ニッカこそが本物で、サントリーはまがい物と思っていた。 近所のショットバー、「カフェカルヴァ」でそんな話をしていたら、サントリーの販売部の責任者をしていた、Hさんから壽屋宣伝部にいた、開高健の本をさりげなく送られた。 それ以来、ビールまでサントリーがメインになった。 サントリーは、ウィスキーとともに人も育てている。 酒棚には、「竹鶴」「余市」「山崎」のボトルが仲良く並んでいる。 

 

「マッサン」、一週間分。 自家製ラーメンで、昼食。 午睡の後、土曜競馬。 中山のメイン、牝馬3歳のG掘Ε侫薀錙璽ップを見事的中させ、プラス収支で終了。 逃げ切った、アルビアーノは三連勝。 桜花賞が楽しみになってきた。 


近所のコンビニへ競馬新聞を買いに行って気づいたが、今日は春分の日で祭日、夕刊が休み。 土曜と祭日が重なったら、月曜日を振り替え休日にすべき。 一日損した気分。

 

7時に、夕食。 自家製本格カレーの具をつまみに、柚子入り焼酎の水割り、二合。 カレー+炊立てご飯少々で、締める。 グリーンチャンネルで、明日のWIN5の検討。 

 

NHKで、「紅白が生まれた日」。 水の江瀧子が、一回目から司会をしていたとは、知らなんだ。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 「マッサン」、夜の部を見て、11時半に就寝。

 

 

author:小林 健治, category:お酒, 07:47
-, -, - -
神保町の文壇バー“燭台”
 

1024()

 

昼、11時半起床。 親しき友と痛飲し、爆睡。 トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴び、浮揚感を漂わせながら、1時に神保町。 

 

大事の事を聞きつけ、心配してくれる、知人・友人の電話の応対とメールの返信に、時間を費やす。 天麩羅蕎麦とホットドッグで、昼食。 

 

午睡30分の後、九鬼周造著『「いき」の構造』の予習。 「すらりとした姿の女が横縞の着物を着たような場合、その横縞は特に『いき』である。およそ横縞は場面を広く太く見せるから、肥った女は横縞の着物を着るに堪えない」。 辛辣な言葉。

 

7時から、『「いき」の構造』研究会。 9時に終えて、アフターゼミ。 各人持ち寄った、ビールと純米大吟醸“五橋”+ワインで、談笑。 研究会の主宰者・O氏の病気克服を一心に願う、ゼミ生一同の寄せ書き。

 

2次会を、神保町の文壇バー、燭台。 朝日、読売、博報堂、講談社、新潮社、そして中央公論社の女性。 確かな文化を発信している。 テレビプロジューサーのOさんに、土曜の中央競馬・富士ステークスの本命馬を教えてもらう。 


3時過ぎに、店仕舞いだからと、Kママに追い出されて、白金の“甚六”で岡山の地ビール“独歩”。 以後記憶なし。

author:小林 健治, category:お酒, 11:32
-, -, - -