RSS | ATOM | SEARCH
大型連休前半最終日
5月1日(日)

朝、10時半起床。 孫娘との、宴の余韻が残る中、春・天皇賞の予想。 (WIN5はパス) 

自家製焼き豚入りのラーメンで、昼食。 それにしても、のどかな大型連休前半最終日。 

天皇賞は、サブちゃんの持ち馬・キタサンブラックは、3着以内は間違いないと確信していたが、有馬記念馬・ゴールドアクターが直線失速し、不的中。 武豊マジックが蘇った。

夕方、川沿いを散策しながら、産地直販売の市場で、夕食の買い物。 草生い茂る川原で、ギターを弾いている年寄りもおり、何組もの家族らが、バーベキューパーティーをしていて賑わっている。 

渇いた喉を焼酎の水割りで、潤す。 つまみは、有機野菜のきゅうりの胡麻和え。 美味い! 自家製焼きそばで、夕食を締める。

NHK大河ドラマ、「真田丸」。 三谷幸喜の脚本がよい。 九州・熊本の自身情報とサンデースポーツ〜フジ、Mr、サンデー。 

CSで、ハリウッド映画、「ザ・タウン」を見る。 貧民街で育った、アイリッシュ系の強盗団の物語.なかなか面白かった。

1時過ぎに、就寝。
author:小林 健治, category:雑記, 11:41
-, -, - -
「あさが来た」、一週間分を堪能
 

26()

 

朝、9時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 薄曇りだが、布団干し。 佐藤優×手島龍一著『インテリジェンスの最強テキスト』(東京堂出版)を読み始める。

 

共著だが、対談形式ではなく文章は一人称で書かれている。 面白い試み。 “金麦”の、ソーセージ入りクロワッサンとこだわりのパンを、淹れたてコーヒーで、昼食。

 

2時から、土曜競馬。 今日は、的中率も配当率もよく、気を良くして、荒れそうなレースに大勝負。 これがいけなかった。 終わってみれば、高級和牛ステーキ1Kgグラムほどの、プラス。 明日の、WIN5につぎ込む予定。 


 

引き続き読み進めて、7時に夕食。 昨夜の、牡蠣シチューの残りのじゃがいもと、豚肉ともやし+キムチ炒めで、梅干し入り焼酎のお湯割り、3杯の夕食。 

 

NHK、「ブラタモリ」。 伊予の道後温泉。 町興し教養バラエティー番組。 タモリ抜きには成立しない。 温泉が出る地形は、“谷間”と“割れ目”がポイント。 

 

録画していた、「あさが来た」一週間分。 「あまちゃん」再放送以来だが、落ち着いて、じっくり見る価値はある。 宮崎あおいと玉木宏、そして、風吹ジュンの演技力が、ヒロイン・波瑠を支えている。

 

TBS、タケシのニュースキャスター後半を見て、12時に就寝。

author:小林 健治, category:雑記, 10:51
-, -, - -
冬らしい気候
 

16日(水)

 

朝、8時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 今日は狹のように寒い。 それでも昼には13度とある。 この三日間、一度も暖房を付けていない。 当事者をゲストに、LBGTを語っていた、「あさイチ」を少し見て、まだ手袋はいらない曇天下、10時過ぎに神保町。

 

なんと、神保町駅で降りたら、目の前を御年75歳の立花隆さんが、新宿線乗り換え方面に、ゆっくりと歩いていた。 ちょっと電車移動は無理なような気がする。 みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行に寄って、寒い事務所。 有り難い、直注文段ボール一箱梱包して、身体が温まる。

 

ウェブ連載「差別表現」の、原稿を書こうと思うも、どうも気合が入らない。 昼のNHKニュースは、北朝鮮の「水爆実験」報道一色。 街の人にインタビューして、何を言わせたいのか、意味不明。

 

「あさが来た」、昼の部を見ながら、野菜サラダと武州ほうとううどんで、昼食。 3時に、中国整体琥濕堂。 強めで揉んでもらい、効き目あり。 

拙著、『差別語・不快語』の注文が8冊来る。 残り30冊を切った。 市場在庫も50冊程度なので、増補改訂版を、3月には出版さねばと思う。 

 

今日発売の、『週刊新潮』に、『官僚階級論』の10行書評(「十行本棚」)が載っていた。 的確な評に感謝! 
『週刊新潮』を読み終えて、
6時半に事務所を、退出。 スーパーに寄って、7時半に帰宅。

週刊新潮1月14日迎春号記事

[週刊新潮2016年1月14日迎春号 記事]

 

NHKは、「クローズアップ現代」を休止して、北朝鮮の地下核実験ニュースなので、新年特番・日テレ、「ザ!世界仰天ニュース」を始めてみることにする。 バラエティーとは思えない、面白さがある。 

ポテトサラダと、豚肉・ニンニク入りキムチ+秋田味噌の鍋で、梅干し入り焼酎の、お湯割り二杯の夕食。 

 

テレ朝、報道ステーションも、北朝鮮問題。 やっと暖房を付けて、「あさが来た」、夜の部。 民放各社の報道内容を確認して、12時に就寝。

 

author:小林 健治, category:雑記, 08:40
-, -, - -
NHK「あさが来た」尽くし
 

1010()

 

朝、9時半起床。 寝るときは暑く汗をかくが、明け方冷える。 風邪をひく条件が整っている。 トマトジュースと青汁二袋。

 

「あさが来た」、一週間分。 今回の連ドラも、間違いなくヒットする。 “金麦”の、ソーセージ入りクロワッサンとカツサンドを、淹れたてコーヒーで、昼食。 「あさが来た」、昼の部。

 

雑誌を読んで、午睡して、のんびりと中央競馬。 なんと常磐自動車道で事故があり、茨城の稲敷郡にある、美浦トレーニングセンターからの馬運車が、渋滞に巻き込まれ、東京競馬の開始時間が1時間遅れになっていた。 高柳厩舎の、一番人気馬など4頭が出走できず、午前中は波乱。

 

負けこんでいたが、東京の最終・12レースで、高配当をゲットし、一挙にプラス収支で、終了。 夕方、中級スーパー“稲毛屋”で、天然ブリ、豚足、マグロの刺身などを購入し、往復3000歩強のウォーキング。

 

7時過ぎに、夕食。 買ってきた食材で、焼酎のお湯割り一合の、夕食。 ブラタモリ。 富士山登山の第一回目。 浅間神社や剣ヶ峰など、面白い。 

 

ビデオに録っていた、NHK「土曜スタジオパーク」。 ゲストは、「あさが来た」のヒロイン・波瑠と、いい味出している、旦那の玉木宏。 TBSで、タケシのニュースキャスター。 タケシに疲れが見える。

 

「あさが来た」、夜の部を見て、12時半に就寝。

 

 

author:小林 健治, category:雑記, 11:22
-, -, - -
五連休三日目
 

921()

 

朝、9時起床。 やっと咳も小止みに。 トマトジュースと青汁二袋。 新聞は、ラグビーW杯で、日本が南アフリカに勝利した歴史的快挙が一面。

 

昨日の、ビーフシチューの残りと炒めたごはんで、昼食。 「まれ」、最終週昼の部。 午睡1時間。 

 

2時から、三連続開催の中央競馬。 面白そうなレースととWIN5。 WIN532敗。 中山競馬第1レースで、三連単、2800万円の史上第二位の高配当が飛び出したことを知る。 的中は3票だというが、検討して的中するものではない。


300万馬券までは、人間の領域だが、それ以上は神の領域で、検討しても意味がない。 ひたすら啓示を待つしかない。

 

溜まっていた、雑誌を読み飛ばす。 少し寝て、7時半から夕食。 田舎煮と鶏肉、小魚のミリン干し、秋刀魚と大根おろし+切り干し大根で、浦霞の辛口の冷、2合。

 

NHK、ニュースウォッチ9。トップニュースが、安保法制と自衛隊。 どうも腹が立って見る気がしない。 CSで、肩の凝らないアメリカンコメディー。 テレ朝、報道ステーション。

 

「まれ」、夜の部。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

author:小林 健治, category:雑記, 10:37
-, -, - -
断水で往生する
 

821()

 

朝、9時起床。 トマトジュースと青汁二袋。 全ての蛇口から、水が一滴も出なくて、往生する。 今朝の9時から16時まで、断水ということを忘れていた。 ペットボトルの天然水で、歯磨き。 湯船にお湯があったので、シャワーの代わりにはなった。

 

NHK、あさイチのゲストが、ももいろクローバー。 あまり興味はないが、人気があるらしく、スタジオが華やいでいた。 今日はなかったが、顔を黒く塗るような、パフォーマンスは止めた方が良い。 曇天下、けたたましい蝉の鳴き声を聞きながら、10時半に神保町。

 

託された資料を読む作業に、時間を取られる。 「まれ」、昼の部を見ながら、昆布サラダととろとろ冷やしざる蕎麦で、昼食。

 

対談の原稿を読み直して、依頼されている新原稿を書き始める。 今週は、ウェブ連載「差別偉表現」は休載して、頼まれた原稿書きに専念する。 

 

午睡30分。 起きると外は、まだ4時だというのに真っ黒。 30分ほどしてから、大粒の雨が降り始め、豪雨となるが、すぐ止み明るさを取り戻した。

 

今日届いた、『月刊日本』9月号に、佐藤優さんと山崎行太郎さんの、「日本を滅ぼす『反知性主義』」という題の対談が載っている。 「反知性主義には二重の構造がある。一つは、無知蒙昧を恥じない側面」。 もう一つは「知性の限界を知り、それを超克するという」側面。 


この二つの側面を混同してはならないと、佐藤さんが強調している。 前者の「反知性主義」は「念力主義(主観的願望によって客観情勢を変化させることができるとする考え方)」で、客観性や実証性を、無視ないし軽視して、自分が欲するように世界を理解する態度のことである。

 

6時半過ぎに、事務所を退出。 スーパーに寄って、7時半に帰宅。  医科研構内は、6時は頃までは、蝉の鳴き声が優勢だが、7時を過ぎると、松虫、鈴虫、コオロギの天下で、秋の気配。 

 

刺身の盛り合わせ、ベッタラ漬け、自家製鶏肉のから揚げで、柚須入り焼酎の水割り、三杯。 朝日新聞夕刊が、86歳の、特攻隊生き残りで学徒出陣組の、“声”欄を見た、SEALDsのメンバーの反響をを記事にしている。 歴史の証人と未来を担う若者が、共振した。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 大阪寝屋川の、中一少女の容疑l者身柄確保の、速報。 ついで、同級生が遺体で柏原市で発見されたとの報に、言葉もない。 45歳容疑者の横顔を、NHKカメラは捉えていた。 テレ朝、報道ステーション。 寝屋川事件の詳報。 

 

「まれ」、夜の部。 BSプレミアムで、映画「ジョンレノン」を見て、2時に就寝。 明日から、世界陸上、北京大会が始まる。 休まる暇もない、夏は続く。

 

 

 

author:小林 健治, category:雑記, 10:07
-, -, - -
突然のスコール
 

810()

 

朝、8時半起床。 トマトジュースと青汁二袋。 シャワーを浴びて、出かける寸前に、急に土砂降りの雨。 不安定な大気の、いわゆる熱帯性スコールか、約5分で上がる。 若干涼しくなった中、10時に神保町。

 

週明けの事務作業を終えて、メールのチェックなど。 「まれ」、昼の部を見ながら、生ワカメサラダとざる蕎麦で、昼食。 午睡30分。

 

切抜きの新聞やプリントアウトしていた、差別問題関係の情報を読む。 小休止して、新聞を読みながら、高校野球第三戦、秋田商業vs龍谷(佐賀代表)の試合を見るともなく見ていたが、高校野球ならではの、なかなかの好勝負に目が離せなくなる。 8回裏、度重なるチャンスをやっとものにした、秋田商業が16奪三振で、辛勝。

 

ほとんどお盆モードで、気合が入らず、早め6時に事務所を退出。 ドンキホーテで、日用雑貨を買い、“ボエム”を予約し、スーパーに寄って、7時半に帰宅。

 

生ワカメと豚ロースと千切りキャベツで、柚子入り焼酎の水割り、3杯。 焼き飯少々で、夕食。 知り合いの出版社の知人から、ラテ欄と東洋経済オンラインを見る限り、問題があるとの指摘を受け、昨日ビデオにとっていた、白熱教室の“サイコパス”を見る。 


内容は差別的ではないと思うが、精神科医などの専門家の意見を聞きたい。 「サイコパス」という言葉自体が、医学用語として不適切として、使用されなくなった経緯などについて、一切の説明がなかった。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 安倍内閣の支持率低落傾向は止まらず。 注目すべきは、支持率も減っているが、支持しない率が異常に伸びていることだ。 テレ朝、報道ステーション〜「まれ」夜の部。 民放各社のニュース&スポーツを見て、12時半に就寝。

 

author:小林 健治, category:雑記, 09:02
-, -, - -
鬱陶しい梅雨の一日
 

74()

 

朝、10時起床。 熟睡で体調極めて良好。 トマトジュースと青汁二袋。 「まれ」、一週間分の後半。 

 

12時前に、「金麦」の鶏から揚げの香り揚げサンドとソーセージ入りクロワッサンを淹れたてコーヒーで昼食。 溜まっていた雑誌を読んで、2時半から中央競馬。 

 

気合は入らないが、夏のローカル競馬は情緒がある。函館、福島、中京の三場開催。 梅雨のない、函館を除いてあいにくの稍重〜重馬場だが、牧歌的でよい。 中京の12Rに、いかがわしい単勝オッズの馬を見つけ勝負するも、鼻差負けで10万馬券を逃す。 明日は、WIN5といかがわしい単勝の馬だけで、ローカル競馬を楽しむ予定。

 

5時から、ランニングのつもりがあいにくの雨のため、室内で筋力トレーニングとストレッチ、1時間。 いい汗を風呂で流して、極楽。 小雨降る中、傘も差さずにスーパーに寄って、夕食の段取り。

 

焼酎の水割りで喉をう潤す。 つまみは、酢蛸、漬物4点盛り+味噌味の牛焼肉野菜炒め。 BSで、日ハムvs楽天。 楽天の抑え投手・松井裕樹は四連続三振と、見事なピッティングだっただけに、負け投手は可哀そう。 

 

10時から、TBSでタケシのニュースキャスター〜「まれ」、夜の部を見て、12時に就寝。

 

author:小林 健治, category:雑記, 10:09
-, -, - -
水無月・六月
 

61()

 

朝、8時半起床。 暑くて5時半に目が覚める。 水を飲みエアコンを27度の冷房にしたのが奏効し、8時半まで、計9時間熟睡。 トマトジュースと青汁二袋飲んで、シャワーを浴びる。 今日から、水無月・六月。 

 

早くも夏バテ気味だが、医科研構内の色鮮やかな紫陽花に生気をもらい、10時に神保町。 土曜夜の地震による被害を心配していたが、棚から本が一冊落ちていたのみで、ほとんど影響はなかった。

 

週明けの事務仕事を終えて、明日見本が届く、『部落解放同盟「糾弾」史メディアと差別表現』(ちくま新書)の、献本リスト作り。 10日には全国の書店に並ぶ。 忙しくなりそうだ。

 

「まれ」、昼の部を見ながら、こんにゃくワカメサラダと冷やし中華の大盛りで、昼食。 午睡30分。 顔を洗ったところへ、神保町の、紙屋の馬友。 ダービーと先週の馬券活動の総括。 2000万円馬券の抜け目を食らった傷も癒えたようで、何より。 WIN528万円を41敗で外しても、意に介していなかった。

 

なぜか豆の木の世話をすることになり、用土やプランターを買って、本格的に育てることになる。 一日20Cmも伸びるので大変だが、その生命力の強さに魅力がある。 “ジャックと豆の木”のように、天まで届きそうな勢い。

 

6時半に事務所を退出。 スーパーに寄って、7時半に帰宅。 「鶴瓶の家族に乾杯」。 室井滋さんと、高知は南国市の後編。 タコ刺し、鯵の南蛮漬け、焼き鳥4本で、柚子入り焼酎の水割り、2杯。 鉄火の細巻で、夕食を締める。

 

NHK、ニュースウォッチ9。 朝日新聞の調査で、一番評判が悪い番組になっていた。 テレ朝、報道ステーション〜「まれ」、夜の部を見て、12時に就寝。

 

author:小林 健治, category:雑記, 08:35
-, -, - -
食中毒
 

23()

 

朝、起きたのは7時だが、ほとんど一睡もできず。 昨夜夕食を食べる前から、どうも腹具合が悪く右腰が異常に痛み、ストレッチなどをしたのだが、コリは取れず、床に就いたのは12時。 しかし、全く眠れない。 

 

明け方6時過ぎ頃から、にわかに腹痛が起こり、15分置きにトイレに駆け込むこととなった。 延べ10回以上。 それでも「マッサン」早朝の部と、朝の分を見て、トマトジュースと青汁二袋。 10時までチェアーマッサージを受け、11時に神保町。 腹痛は治まったが、トイレには78回通う。 

 

完全な食中毒症状だが、原因が分からない。 昼食代わりにチョコレートを食べて、エネルギー補給。 「マッサン」昼の部を見て、仮眠を取っていると、某全国紙の広島支局のT記者が、出張で東京に来たからと寄ってくれた。 いろいろ心配をお掛けしたことなどを話し、小1時間で新幹線に乗って帰っていった。

 

15時半に、トイレに行っても、物質は出ず、現象のみ。 やっと食中毒菌を排出し終え、一段落。 食中毒のときは、体力が持つ限り、できるだけ止瀉薬などは使わずに、毒素を出し切ったほうが良い。

 

4時から、研修会のレジュメとパワーポイントの、ラフ原稿作り。 フランスの、次期大統領選で排外主義的極右、「国民戦線」のマリーヌ・ペ・ロン女性党首が支持率トップになったことを知る。 先日、朝日新聞に登場して、日本の安倍政権が目標といっていたが、反移民、反イスラムの人種差別主義者の大統領を、まさかフランス国民が選ぶことはないと思うが、予断を許さない。 

 

早め6時前に、事務所を退出。 スーパーに寄って、7時に帰宅。 おじやで、夕食。 当然アルコールなし。 BSMHK、「世界街歩き」。 パリのユダヤ人が多く住む、マレ地区。 クリスチァン・ディオールの、元デザイナー、ジョン・ガリア―ノが、ユダヤ人差別発言を行ったとされる地区。 歴史と文化が漂う街。

 

ニュースウォッチ9〜テレ朝、報道ステーション。 サッカーのアギーレ監督解任。 後藤さん殺害事件の続報。 本日4回目の、「マッサン」、夜の部を見て、11時半に就寝。

 

author:小林 健治, category:雑記, 08:56
-, -, - -